井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

リビア情勢の陰に

 リビア情勢について、キューバのカストロ元議長が指摘している。飛び交う情報の真偽が判明するには時間がかかり、また、リビアの豊富な地下自然を目当てに、混乱を口実に欧米が占領を目論んでいると。
 そしてロシア大統領は、警戒を強める発言をしている。中東や北アフリカで政権崩壊が相次げば、後に強硬な政権が樹立されて緊張が増すだろうし、ロシアを含めた他の地域にも影響しないように注意が必要であると。
 もともとリビアは、強硬姿勢から国際協調姿勢へ転換しており、大量破壊兵器の開発を破棄し、経済協力を推進し、そのお陰で欧米との関係も良好であった。まったくイラクとは対照的である。
 そしてカダフィ大佐は息子に後を任せ、アルカイダを批判し、南アフリカ共和国のマンデラ大統領と会談しながら、ヨーロッパのEUにならってアフリカ連合AUを作りたいと述べていた。
 このままいけば、穏やかに民主化も進むはずであったのだが、それが完全に壊された。
 そして、突然におきた反政府デモに常軌を逸した武力弾圧をしたという報道があるが、そもそも経緯が不可解で唐突でもあり、しかも近隣の産油国では次々と同じ事態となっている。
 そして、直接確認した情報ではない間接伝聞の情報に基づく報道まがいの垂れ流しにくわえ、同時に、最近のリビアではなく、アメリカと対立していた八十年代の論評が再び一部の報道により蒸し返され、ロシアや中国にも波及するであろうという予想というより願望が一斉に流布されている。
 これにより、ロシアや中国が一気に緊張感を強めるだろうし、核開発を交渉に利用する「瀬戸際外交」を批判されてきた北朝鮮は、やはりこれまでのやり方は正しかったと再認識するだろう。
 これを悦ぶ勢力があるから、この事態となったのだが、それは分析もせず、ただ民衆が独裁に対して突然に立ち上がったうえ体制内からも合流者が出たという、これまであった周知の情報を整理しただけでも不自然さが判る片棒担ぎの報道しかも自ら取材しない日本の報道は無価値であり、「独裁体制の国」を言論報道の自由が無いと批判する資格がないことが、また確認されたわけだ。

人気ブログランキングへ投票をよろしくお願いします
[PR]
Commented by ZED at 2011-02-23 22:47 x
リビアの件で特に可笑しかったのは、かつて同国に君臨していながらカダフィの革命でその座を追われた旧王族が偉そうに「カダフィは長くない」だの何だの言っていた事でしょうか。カダフィが倒れれば、ひょっとして自分達が王位に帰りつけるかもしれないという、卑しすぎる下心が見え見えでした。ソ連崩壊前後にも旧ロシア皇帝の末裔が同じように皇位復活の浅ましい欲望をあからさまにして、ロシア国民達から大顰蹙でしたけど、零落した王様の考える事というのは万国共通なのですね。自分が現在の政権と同じかそれ以上に嫌われているという自覚がゼロ。
Commented by ruhiginoue at 2011-02-24 07:46
 そうですね。
 アフガンでも、元国王が復活したいと言ってましたが、手前の無責任で政情不安になりソ連の軍事介入を招いた自覚が無くみっともなかった。
 しかしカダフィ大佐は、かつての強烈なカリスマ性が弱まっているとの自覚がなく、ピンチを招きました。前はど迫力の演説で心酔させたり、自分を暗殺しようとして逮捕された人も含む政治犯に恩赦を与えたうえ、自ら運転するブルドーザーで刑務所の門を体当たりでぶっ壊し「さあ、みんな脱獄しろ」と言ったり、そんな若い頃の豪放さが衰えてます。
 なのに、息子に跡を継がせて院政としているはずなのに、表に出たがり、某国の中曽根とかいう元総理大臣と同じことをしています。
 中曽根家と違いカダフィの息子は温和で知的で優秀だから、とても気の毒です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2011-02-23 09:28 | 国際 | Comments(2)