井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

チェーンメールは不幸の手紙

 地震と原発事故について、怪しげな「チェーンメール」が流れているという。早くみんなに伝えてという、言わば「怪文書」である。
 もともとアメリカで、「チェーンレター」というのがあり、これはたくさんの人に同じ手紙を出しながら、自分に差し出した人には数ドルの現金を同封して返信するというもので、拡大するとたくさんの金が入ってくるけど、いずれは鎖が切れて破綻してしまうから、最初のほうで成功した人だけが儲かり、後になるほど損をすることになる。
 つまり「ねずみ講」で、法律で禁止されている「無限連鎖講」の一種であるが、このアメリカ製のねずみ講「チェーンレター」が、なぜか日本では一時期、高校生らの間で、人数で新記録となればギネスブックに載るという変形をして流行ったことがある。無限連鎖講と違い金が絡まないだけ良いが、現実にはギネス掲載なんてありえないことだった。
 今回の災害がらみデマの「チェーンメール」は、さしずめ「不幸の手紙」である。マスコミで、惑わされないようにと呼びかけているが、しかし、そもそも政府と官僚と財界がマスコミに圧力をかけて真相を報じないという不信感が原因である。
 ただ、官製発表が信用できなくても、マスコミは圧力が怖くて報道できないときは、外国に流して外圧によって情報の逆輸入をさせるし、また現地入りしたフリーランスのジャーナリストなら、自らのブログなどで、何月何日の何時に誰がどこに行って調べたと明記して告発するので、そうした情報とお上の発表とを比較すれば、かなり正しい認識がもてるはずだ。

 これはBBC



人気ブログランキングへ1日1回の投票クリックを
社会総合 - エキサイトニュース
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2011-03-15 17:18 | 社会 | Comments(0)