井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

予想される自衛隊の次なる任務

 「焼け石に水」作戦で中心的役割を果たした自衛隊の、つぎなる任務は何であろうか。
 チェルノブイリ原発事故では、軍が首都モスクワを守るために、薬品をまいて人工降雨を引き起こし、汚染を田舎に落としたといわれる。おかげで人口密集の首都は助かり、田舎の人たちは病気になって苦しむこととなった。
 このあと、事態の推移によっては、同じ指令が自衛隊に下る可能性があるだろう。
 また、被害の隠蔽という業務もある。もともと原発は危険ではなく、事故はあったが後の対策が良かったので、被害はさほど甚大ではなかった、ということにしたい政府および東電をはじめとした業界としては、作業員たちが病気になって重篤ではまずい。
 その意向を受けて自衛隊の防衛医官たちに指示がいく。被曝で障害という診察をしてはいけない。なにか別の病気だということにせよ。白血病とエイズとは似た症状があり区別しにくいことがあるなど、手だてはいくらでもある。他の医療機関でセカンドオピニオンを受けさせてはならない。こうしたことは前からやっていることなので、もう慣れているはずだ。
 こうして、事故後の原発が石棺に覆われるように、真実も権力によって覆われるだろう。
 
 人気ブログランキングへ1日1クリック投票を
 
科学・環境 - エキサイトニュース
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2011-03-21 06:32 | 社会 | Comments(0)