井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

遂に本音のリビア侵略

 リビア侵略を進めている米英仏は、反政府勢力に武器供与をするという国連決議の拡大解釈を公然と言い出した。
 最初の目論みに失敗したため、態度が露骨になったのだろう。もともとは、内戦で一般市民が巻き添えにならないよう空爆を阻止する飛行禁止区域の設定だった。
 また、内戦で片方を武器供与で支援するのでは、気に入らない政権を打倒するために、傀儡を作って反乱をそそのかすことになるから、否定していたはずだ。
 そもそも、最初の段階で、リビア政府が反政府デモを弾圧し、それが常軌を逸した武力攻撃だったからというが、それは「アルジャジーラの報道によると」というものばかりで、アルジャジーラはカタールの首長が出資して作られ今も財政支援を受けて経営されている衛星放送テレビであり、日本のチャンネル桜みたいなものだ。
 そして、カタールはリビア攻撃に参加して、反政府勢力から石油の取引をする契約を交わしている。
 そんなことは誰でもわかるのだが、日本のマスメディアは、アルジャジーラの報道を裏付けもとらず受け売りしていて、だから駄目だと批判され続けてきた。
 最近になってリビアは、親欧米となって石油の取引で互いに利益となるようにして関係改善をしてきたが、それでは満足せず、完全に奪ってしまわないと気がすまないのだ。これは欧米に染み付いた体質であり、前からわかっていたことだが、それが今のリビア情勢によってさらに鮮明となった。
 そういう相手には、少しでも気を許しては駄目だということだ。日本人は甘いから認識していない人が多いだろうけれど、中国などはもっとシビアに受け止めていることだろう。
 そして、ノーベル平和賞の期待を裏切ったオバマ大統領が再選を目指すらしいが、アメリカの大統領など誰がなっても体制につながれていることは同じであると、再認識させられた。だめ押しである。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票を願います

国際総合 - エキサイトニュース
[PR]
Commented by nao at 2011-03-31 09:33 x
「側近」が離れた理由は、何なのでしょう。

http://www.jiji.com/jc/c?g=int&k=2011033100051

利害・命の惜しさ・信頼の喪失・・・。

何があっても命をかけても自分が大切に思う人と一緒にいたい、と、このたびの震災を経て、原発事故が続く中、私は深く思うようになりました。そんなことを、この記事と背中合わせに考えました。
Commented by ruhiginoue at 2011-03-31 11:57
 逃げ出したのか、懐柔されたのか、経歴から邪推するとダブルスパイになるつもりなのか、まだわかりません。
 カダフィ大佐は、最大の危機でありながら、修羅場で息巻いている様子は水を得た魚のようです。
 闘って死んでも本望で、下手に心配されると身体の具合が悪くなるので迷惑という人がいるものです。
Commented by ケーキイーター at 2011-03-31 19:04 x
リビアには大量墓石がゴロゴロ。これは駄洒落で済まされない。
Commented by momo at 2011-03-31 19:32 x
闘って死にたいのならその旨伝えて闘いに赴いてもらわないと、残された側は何も知らずに信じてただ待ち続けることになりますね。

以下、「闘う」から、男女の場合の話。
闘うことが男性の本能であると同様、女は覚悟する性です。
↑↑↑は「心配だから闘いに出るな」ではなく、「男が闘うなら自分も覚悟する」、その覚悟が「命をかけても」なのじゃないかと思います。(だいたい、男性の多くは忘れているけれど、子どもを産むことは命がけなんですよね)
植村直己さんの姿が見つからなくなったニュースを聞いた子どもの頃、女として愛する男の希望のためには覚悟すべき時があるのだと、しっかりと心に刻んだのを憶えています。
だから、自分が闘う時くらい、女に覚悟くらいはさせておくのが男の甲斐性。(貞操帯は不要)

まあ、カダフィさんは充分覚悟をさせてると思いますが。

外相さんは(スーツを着た写真が井上さんの他の記事と絡まっておかしかった・・・)情報機関のトップだからこそ「逃げた」かも知れませんね。ダブルスパイになるつもりとしたらどういう仕掛けをしてあるのか、見てみたいけれど映画のように映し出されるわけもなし。
Commented by ruhiginoue at 2011-04-01 06:21
 カダフィ大佐は、自分の子供たちのほかに、身寄りの無い子供たちを養子にして大事に育てていたそうです。
 イスラム精神なのでしょうが、大人になってから頼りになることも計算しているはずだと言われてました。
 こういうところも、男女で異なりますね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2011-03-30 15:22 | 国際 | Comments(5)