井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

安かろう悪かろうの外食産業

 「ホリエモン」のあたりから、目立とう精神を発揮して暴言を吐く経営者が跋扈するようになったが、そのなかでも特に悪質なのが「フランス亭」とか「けん」という脂ぎった料理を出す店を経営する井戸実社長である。
 そんな彼は、今度は福島の惨事をうけて原発反対するデモに、タクシーで移動中に遭遇したと、ほんとうかどうか怪しい話をしたうえ、原発に反対する人たちを誹謗する発言を公式ブログに書いた。
 その目撃談は内容に具体性が乏しくて多分「ネタ」だろうが、そこで若い女性が、「難しいことはわからないが、子供たちの将来のために原発はやめるべきと」との趣旨で言っていた(これ自体がステレオタイプだから作り話臭いが)言葉尻をとりあげたうえ、わからないなら勉強しろとか、「代替燃料」がないから原発は必要とか、比較的クリーンと言われるエネルギーはコストが高いとか、阿呆なことを平然と言っている。
 まず、他人に言うまえに自分が勉強するべきだ。よくわからない難しいこととは、どの程度のことかも確認しないでエラそうに非難すべきでない。このいい加減さがネタであると思わせるのだが、この井戸社長の言っていることは、すでに80年代の後半に、チェルノブイリ事件で関心が高まったさい、それでも原発に拘る人たちの屁理屈として徹底糾弾されて、とっくに破綻している。
 だから、新しい屁理屈として温暖化防止と言い出したわけだ。それとて、原発を稼働させるのに大量の石油が使われている実態がすでに指摘されてきた。しかし、道路をたくさん作って交通渋滞を減らせばCO2が減ると、ゼネコンおよび癒着した官僚たちが騒いだほどの、利権目当て環境保護の最盛期だった。だから原発も特需が生まれたにすぎない。
 もっとも、これだけ問題になっても、ただコストの安上がりというだけの発想をする社長は、いかにも「安かろう悪かろう」の献立で商売している外食屋らしい。もちろんコストについても、具体的な数値の比較すらないからお粗末である。
 このようなビンボー人の味方である外食屋は、だいたい安かろう悪かろうの食べ物を売り出すために、低コスト生産された肉を使用している。そして南では環境破壊と貧困と内戦を、北では低賃金労働とモラルハザードを、生み出す収奪によって経営が成り立っている。中の下の庶民を対象にして、極貧の人たちを踏みつけにした商売をし、自分が利益を得る。そういう商売をしているのだから、暴言はむしろ当然の発想からのものだろう。
 みんなでボイコットしよう。


 人気ブログランキングへ1日1クリック投票をぜひ


ネットコラム - エキサイトニュース
[PR]
Commented by ケーキイーター at 2011-04-07 18:55 x
生肉料理レストランはどうかな。調理に火を使わないぞ。二酸化炭素を出さないぞ。自分でここまで書いてて気持ち悪くなった。
ところで、何故二酸化炭素の事を「シーオーツー」って言うんだろうね。「ニサンカタンソ」或いは「スィー・オウ・トゥー」って発音すべきです。
Commented by ruhiginoue at 2011-04-07 19:17
 本当に美味しい肉は、環境破壊と低賃金労働の大規模プランテーションなんかでは作れないし、生でも美味しいけど焼くなら炭火を使います。
 レイプ店長と店員のペッパーランチとか、バカ社長のフランス亭なんかでステーキを食べるのは味覚音痴の質より量のメタボジジイ予備軍です。
 そう言われてみれば、小学生のときふざけて「先生、のどが乾いたのでエッチツーオー飲んできていいですか」と言って嫌な顔をされたことがあります。
Commented by nakatsu at 2011-04-07 20:19 x
横レス失礼します。
>>ケーキイーターさん、
中学校の英語の先生が、
“she”の発音はおしっこシーのシーと言っていたのを思い出しました。
Commented by ケーキイーター at 2011-04-07 21:45 x
nakatsuさんへ。“c”や“see”の発音は「スィー」なるらしいです。昔NHKラジオの「基礎英語」で覚えました。
Commented by nakatsu at 2011-04-07 22:03 x
seeとsheでは発音記号も違いますからね。
Commented by ケーキイーター at 2011-04-07 23:09 x
CDショップのHMVは正確には「エイチ・エム・ブイ」ですよね。NHKは「エヌ・エイチ・ケイ」ですよね。
Commented by ruhiginoue at 2011-04-08 07:39
 他にも、「バレーボール」は「ヴァレー」と書くべきなのに改められず「バレー」だから、しかたなく「バレーダンス」のほうが「バレエ」と書いて区別していたりと、カタカナ外国語は問題ありですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2011-04-07 13:37 | 社会 | Comments(7)