コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

暴力装置が死者に敬礼する矛盾

 やむなく土葬する災害犠牲者たちに、作業にあたった自衛官たちは敬礼したそうだが、おそらくやりきれない気持ちだったであろう。
 ただ、このような形で死者を埋葬することは想定外のこと。そのようなことは別にして、災害救助そのものは、多くの自衛官が意欲的だそうだ。なぜなら直接、人の役に立てて、それが実感できる。だから嬉しいということで、それが当然の人情というものだろう。
 しかし、その一方で、自衛隊には国民が「お上」に逆らわないように監視したり、反抗した場合には殺すことが、職務として規定されてる。容赦なく重火器を使用し、反政府デモで子供や女性を巻き添えにても、容赦してはならないという機関紙論文まである。
 そのような職務に反対して、自衛隊を追われた者は大勢居る。治安出動訓練拒否して懲戒免職になった者もいるが、任務に疑問を感じて自ら退職して行った者たちは、もっと大勢いた。留まって昇進し、天安門事件にさいして「あのとき自民党の一部の人たちが言うようにしなくて良かった」と確信したという人もいる。
 そして、現在でも自衛隊の任務は変わっておらず、ただ昔のように動乱が起きなくなっただけだ。この先、震災の被害や原発事故の汚染からの復興がうまくいかず、経済の没落傾向が止まらなかったら、世情が不安定になり、また自衛隊の影となっていた「暴力装置」としての役割りが本格化するだろう。
 そうなったら、自衛隊が自ら殺した国民の死体の山を土葬し、敬礼することはない。逃げたり自殺したりすいる隊員もでるだろう。そうなる前に自衛隊法の改正だけでも議論するべきだ。
 
 人気ブログランキングへ1日1クリック投票をぜひ
 
社会総合 - エキサイトニュース
[PR]
Commented by ネルネラ at 2011-04-10 13:31 x
国民を弾圧するのに自衛隊を使おうとして自衛隊から反発された自民党が、それを皮肉った「暴力装置」と言う表現を、他意は無くただ深く考えないで使用しただけの民主党要人を、言葉尻とらえて非難する姿は、それはそれはとても醜かったよ。
Commented by アカイ at 2011-04-10 13:37 x
自衛隊員も大事な家族や友人を持つ人間だ。死者への敬礼は少なくとも今は心からのもののはず。
Commented by ruhiginoue at 2011-04-10 14:36
 自民党といっても、あの丸川もとアナでしたね。だからバカ丸出し。
 自衛隊員は人間らしい心を抑えないといけない場合があり、それは政治的な意図から国民を虐殺するときであると「朝雲」のような隊内機関紙は明言していました。一時は、死んだり殺したりを躊躇うようになるといけないので、自衛官はなるべく家族を持たず、風俗店で欲求を処理するようにとまで言ってました。
 今では通用しませんが、日本がこのまま衰退したら復活しかねません。だから自衛隊法を改正するべきです。
Commented by nao at 2011-04-11 12:50 x
東日本大震災の復旧・復興計画を検討する有識者らの「復興構想会議」が、震災発生から1カ月の11日に発足、議長には五百旗頭真防衛大学校長が就任。
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol&k=2011041100077

「誰が議長になる(させられる)のだろう」と案じていましたら、こんな発表がありました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2011-04-07 19:03 | 社会 | Comments(4)