井上靜の気楽な日誌です。コメントよろしく。おたよりはe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

フランスの欺瞞

 原発大国フランスは、かつて中東戦争と資源ナショナリズムの影響による「オイルショック」とか「石油危機」と呼ばれる事態を受けて「アラブの石油より、自国の技術を信頼しよう」という空々しい奇麗事を言い散らして原発推進した。
 しかし、枯渇なら石油よりウランのほうが心配であったし、そのうえ事故や廃棄物による汚染の問題もある。そこでフランスは、少数民族の多い地区に原発を建設してきた。
 ところが、かつてのようにアラブやペルシャや北アフリカの石油に依存する必要はなくなった。新しい油田は次々発見され,枯渇はしていないが採取しきれていない油田から残りを取り出すことや、豊富にあるのは判っているが採取が不可能だった所も油田としたりということが、技術の進歩で可能になった。
 だから、産油国で騒乱が起きても構わないし、そのほうがむしろ生産過剰による値下がりを防止出来る。さらに、石油がそんなに余るなら、依存する必要がないのは原発のほうだということにもなるけど、それでは業界が困るので、当分は石油の生産が低下してほしい。
 ということで、リビア攻撃や周辺地域での内戦介入に、もっともフランスは熱心だ。
 つまりフランスとは、上品ぶったゴロツキ国家である。だから、八十年代にフランスは環境保護団体に公然と国としてテロを行ったことで、フランス製品のボイコット運動が起きている。
 フランス亭だけでなく、フランス製品もボイコットを続けよう。もっとも、今はフランス製品に良い物はほとんどないのだが。

 人気ブログランキングへ1日1クリック投票をぜひ

国際総合 - エキサイトニュース
[PR]
Commented by nakatsu at 2011-04-09 07:51 x
でしたら大株主ル○ーへ配当しまくり&役員のボッタクリ高額報酬
のニッ○ンをボイコットしましょう。

余談ですけど現行マーチはよくよく見ないとデミオと見分けがつきません…。
Commented by ruhiginoue at 2011-04-09 10:52
 あの社長は背信の疑いで捜査もされたとききます。
 とにかく、コストカッターと言って省エネの研究開発が真っ先にできなくなって、商売敵に遅れをとり、もちろん環境にも悪いことになりました。
Commented by ケーキイーター at 2011-04-09 20:38 x
「腐乱す人」と呼んでいいですよね。
Commented by ネルネラ at 2011-04-10 13:35 x
フランスとイタリアは西欧でもっとも共産党など左翼の勢力が強かったげれど、自滅に近い形で衰退、それも壊滅に近い状態であるから、それが今の醜さにセーブがかけられないんだな。
Commented by ruhiginoue at 2011-04-10 14:39
 やはりフランスは良識が衰退してますね。 
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2011-04-08 20:02 | 国際 | Comments(5)