井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

光と陰影の日本文化

 節電によって街や店舗の照明が控えめであることについて、不自由と感じる人は少なく、むしろちょうど良いとか今まで明るすぎた、などという人もいるそうだ。
 よく、飲食店では照明を控えめにしていて、これは酒を飲むところだと酌をする女性従業員の年齢や厚化粧を隠す意図もあるだろうが、そもそも明るすぎないほうが落ち着くのだ。
 ただ、弱視者にとっては明るいほうが良いこともあるが、それは障害者が不自由しないで活動できる「バリアフリー」の問題であり、「光害」ともいわれる商業的な行き過ぎた照明が、副次的に弱視者の助けになっていたとしたら、そのこと自体が障害者に配慮の無い街だったということで、問題である。
 また、日本は煌々と照らしすぎて街の美観か損なわれていると、以前から言われていたし、古来からの文化が損なわれても居ると嘆かれていた。
 「かげ」は漢字で「影」「陰」「陰」と書く(まだあった気がする)が、光の当たっていない部分の形、光の当たっていない所、光の当たっていない面、という微妙な違いがあって、それだけ奥深い文化があるのだが、とにかく光をくまなく当てて照らすことばかりしているから、情緒も風情もなくなっている。
 そして、日本の「文明化」とともに、日本人の精神文化的な衰退が始まり、しかも文明化しているにしては障害者への配慮がなく、それでいてエネルギーをじゃんじゃん使って繁栄と幸福があるから原発が必要だと言って、地域振興の遅れた所の住民の顔を札ビラでひっぱたくようにして建設し、反対には圧力をかけたり弾圧したりで、そうしてきた挙げ句に、その文明の利器を安全に使いこなせず今の事態だから、日本はとんでもない野蛮国だったとしか言いようがない。
 これに充分懲りたら、日本は良くなるはずだ。充分に懲りたら。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をぜひ 

社会総合 - エキサイトニュース
[PR]
Commented by masagata2004 at 2011-04-13 01:24
私は今、批判をする気力を失うぐらい意気消沈しています。
Commented by ruhiginoue at 2011-04-13 12:26
 「おわた」というコメントが各サイトで見受けられますが、そういうことでしょうか。
 
Commented by デカ at 2011-04-15 20:28 x
その考えは古いな。
何ゆえ昭和天皇があの原っぱの平城京あとに
1時間もたたずまれて学芸員の説明を聞いたのか?
それは京都ではなく、奈良こそが日本のあるべき
姿との考えによるもんだろうな。
奈良の文化こそは、色彩の文化さ。
それが、日本の文明だよ。
そして、岐阜より東に日本はない。
僕はそう思うね。
Commented by ruhiginoue at 2011-04-16 00:52
 奈良とは我が祖国という意味の「ウリ、ナラ」からの地名で、もともと天皇も渡来人だからでしょう。
 ただ、奈良は今も田舎で開けてないけど、山と森林の神々しさは他の地域には無い雰囲気です。
 
Commented by デカ at 2011-04-19 23:54 x
違いますね。明治以来の大陸進出に失敗し、国土は焦土と化し国民は辛酸をなめた。ならば、再び平安の地京都へ回帰すればよいこと。
それでも、平城の跡のただの草原を尊ばれた。これを見て尊いことであると感じられないようでは日本人ではないでしょう。

岐阜は近畿と関東の植物の境目程度の意味です。なお、当時の植生は近畿の神社にゆけば体感できます。あれは、当時の木々の生き残りの島ですから。

Commented by ruhiginoue at 2011-04-20 21:47
 東京都の象徴である銀杏だって、雌雄の差がある生きた化石だから古いんですけど。
Commented by paradeisapfel at 2011-04-20 21:51
今上はたしか天智帝の系統。天智帝のお血筋の方が遷都をなさり、負けずに手放された初めてのみやこが平城京でしたでしょうか。
いずれにせよ、天皇家の方々はどこにお運びなさいましても丁寧にご覧になり説明に熱心に耳を傾けてくださいます。
平城遷都については、古き神々と、天武帝、蘇我氏の名残のある土地を離れ藤原氏のみやこを作りたかった云々という説もありますね。
大和三山をはじめ、古き神々の力を今も感じられる飛鳥のほうが私は好きですが。
Commented by デカ at 2011-04-21 23:14 x
そういう文学的なお話とは少し違ったものなんですよ。

つまり、
明治以来の侵略に失敗し多くの領土を失った。
しかし、だからと言って京都のように内向きになってはいけない。
奈良時代のように、確固たる国際的地位を日本は確保する様に努力しなければならない。

そのヒントが原っぱの下に埋まっているのだよ。
そういう単純な理解ですよ。
Commented by en at 2011-04-21 23:59 x
建物ごちゃごちゃしとぉ京都よか、ちんちん電車走りよぅだけの奈良のほうが、ほっかり時間が過ごしやすぅておいやしたんとちゃうか?
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2011-04-12 11:07 | 雑感 | Comments(9)