コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

原子力の秘密主義

 「風評被害」が問題になったり、外国人ジャーナリストから情報開示すべしと言われたり、そうなるのは、そもそも原発に関連することが秘密主義に貫かれているからだ。
 かつて、おバカ番組「朝まで生テレビ」で、原発の話題が取り上げられていたからみたことがある。チェルノブイリ事件の直後で、広瀬隆氏も出ていた。
 このとき、秘密主義が不信を招いており、それで心配になるという話になったとき、出演していた原子力業界の人たちが逆に、秘密にしないと心配だと言ったので、スタジオ一同が一瞬わけがわからないという顔をしたけど、常連出演者の大島渚監督が「長谷川和彦の映画みたいになるのを心配しているのではないか」と言ったら、業界人たちは不明瞭だがほぼ肯定していた。
 長谷川和彦監督の『太陽を盗んだ男』は、中学の理科の教師が原発から盗んだプルトニウムで原爆を作って大騒ぎを起こすが、原発内部は非公開でわからないので、どうせ誰も知らないならと、当時『サタデーナイトフィーバー』の大ヒットでディスコブームだったから、お立ち台を模した派手なセットにして面白おかしく描いたという。
 また、ブルーレイ化して出演者たちが来日して話題のヒット映画『バックトゥザフューチャー』では、タイムマシンの動力に盗んだ核燃料が使用されていて、それはリビアのナショナリストたちがアメリカに潜入して核施設から強奪したものを、騙し取ったという設定だった。それで怒ったリビア人が機関銃を持って博士を追いかけてくる場面がある。製作当時、アメリカとリビアは対立が激化していたから、その影響だ。
 その後、リビアは核開発を放棄してアメリカと仲直りしたのだが、今の状態となり、イランや北朝鮮は「そらみたことか」と言っている。それで、アメリカはリビア攻撃に血眼になる英仏と、長年の深い付き合いを気にしながらも、足並みが揃わない。
 こうした「核ジャック」は、もっとも原子力業界が神経質になっていることで、だから秘密主義となり、そこへ、利益優先で安全ないがしろという企業体質が付け込むということだ。
 だから、「想定外」とか言って誤魔化そうとしているけど、原子力はどう頑張っても危険を無くせない代物なのである。

 人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします


  

科学・環境 - エキサイトニュース
[PR]
Commented by アマリ at 2011-04-23 06:02 x
積算放射線量マップが公表されるそうです。測定方法が国際基準と異なるのでは?という騒ぎもありますが、正しく測ってそのまま公表されますよう。
Commented by ruhiginoue at 2011-04-23 20:55
 しかし「死神に名刺もらっても、どうしようもない」という黒澤明監督の映画のセリフです。死刑囚には目隠しということです。
Commented by paradeisapfel at 2011-04-24 09:23
ギロチン公開処刑の時代でも、死刑囚には目隠しを拒む権利があったのに。
地震直後、既にパイプの数箇所から激しく水(冷却水と思われる)が噴き出していたという協力会社の方のコメントを読んでいますが、東電の発表はいつまで経っても「想定外の津波」ですね。焦点が地震となっても、「想定外」の大きさの地震と言えるようにマグニチュードがぐんぐん上げられたのでしょうけれど。
Commented by ruhiginoue at 2011-04-24 13:35
 最大規模だったというのは、言い訳のためでしょうね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2011-04-22 23:24 | 社会 | Comments(4)