井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

「はしか」の予防接種はいかがか

 「はしか」が流行しそうなので、予防接種を子供にすべきと厚生労働省が言っているが、「はしか」とは子供が一度はかかる通過儀礼のようなものだと、ごく最近まで思われていた。
 だから、子供が何かに夢中になると「“はしか”のようなものだ」と大人は言っていた。
 ところが予防接種が実用化された。昔は学生運動が盛んで、それも「はしか」のようなものだと言われたことがあり、こちらは予防接種がとても良く効いたみたいだが、その弊害も「無気力な若者」など色々と言われているが、病気のほうも、もとは通過儀礼みたいなものだったから、かからなくなって何か問題が生じないかと疑問が出て当然だ。子供を強くしたり、弱い子供が淘汰されるためにあるという意見もあり、これもダーウィニズムを強調するあまりナチズムになる危険がある。
 もちろん、「はしか」もこじらせると、死亡したり障害が一生残ったりするから、その点ではかからないのが安全で、ただ、どんな予防接種も副作用の危険はある。リスクはどちらにもあり、あとは個人差だろう。
 あと、インフルエンザと同様に、製薬業界の利権がらみで予防注射を推奨することもある。
 これについてあのドラマ『ER』もネタにしていて、はしか予防接種に疑問を抱いた母親が、自分の子供にうけさせず、当人がかかっただけではなく、学校で他の子供たちにうつしてしまうから、医師は母親を非難する。
 それで、「はしか」予防接種はどうなのか、考えるが結論がまだ出ない。
 
      人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします



健康 - エキサイトニュース
[PR]
Commented by nurserygovernes at 2011-04-27 15:12 x
子供がMMR接種しましたが、後に副作用で問題になり中止に。幸い子供には何も出ませんでしたが、それを機に予防接種について勉強しました。推奨派と反対派両方の意見を参考に、必要最低限の接種は受けています。後遺症は本人が一生抱えて生きていかねばならないので、慎重にならざる得ないのですが。日本脳炎も「科学的な因果関係は不明」という理由で一旦、中止になりましたがまた積極的推奨。中途で差し控えになり、またしても子供が積極的推奨の該当年齢のため、接種すべきか悩みます。半身半疑で接種させていいのかどうか…
Commented by paradeisapfel at 2011-04-27 21:01
私の場合は、母に聞いたら「はしかにかかっても軽くて治る薬があるから、そのほうが免疫力がつくと小児科医に言われて予防接種をさせていない」とのこと。幸い(?)まだかかっていません。
Commented by ruhiginoue at 2011-04-28 00:26
 そうなんです。
 だから、今は何とも言えないのです。
 
Commented by かわぞー at 2011-04-29 16:02 x
趣旨とはちょっとずれるかもしれませんが、少し前にはやった抗菌グッズをおもいだしました。
あまりに純粋培養しすぎるのもどうかと当時は思ったものです。
Commented by saku at 2011-04-29 16:07 x
〉かわぞーさん
「除菌スプレー」多用したりする人、今もいますよ。そんな人は風邪にもかかりやすい。多少なんかに免疫持っていたほうがいいこともあります。はしかはどうかはわかりませんが。
Commented by ruhiginoue at 2011-04-29 22:36
 そのうちHGウエルズのSFに出てくる火星人のように雑菌で死んでしまうようになるのでしょうか。
Commented by paradeisapfel at 2011-04-30 00:07
無菌室で一生を過ごすマウスは、菌がある空間にいるマウスより長生きするそうです。一方、野鳥が無事な身体で持ってくる鳥インフルエンザウィルスで家禽がばたばたと死んでいってしまうのは、耐性の程度による生き残る力の違いですね。
無菌室を選ぶか、免疫をとにかくつけるか、なのでしょうか。
Commented by ruhiginoue at 2011-04-30 19:19
 無菌状態は非現実ですね。
Commented by paradeisapfel at 2011-04-30 21:08
免疫を高めるほかありませんね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2011-04-27 13:51 | 社会 | Comments(9)