井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

筑紫哲也氏が危惧したとおりに

 震災について報じる外国の報道に、不正確やいい加減なものが多いと言われる。
 これは、日本が自ら情報発信をしないことも一因で、自己PRは気恥ずかしいとか美徳にならないという文化も影響しているだろう。
 それにより、日本が国際的に貢献していることを知らないで批判していた外国人が、事実を知って、なら批判は間違いだったが、なんでそのことを日本は言わないのだろうかと、疑問を持つという。
 やはり、ちゃんと区別が必要で、震災の義援金やボランティアで、売名も同然の有名人たちは嫌らしいけれど、そういうのとは違って、責任を果たしたことは説明すべきなのだろう。
 また、日本に派遣される外国メディアの担当者は質が悪いから、不正確な報道されてしまうという指摘もあり、これは、以前より日本が軽く見られるようになってしまったためであろう。
 このことは、筑紫哲也氏が危惧して、よく言っていた。日本が金儲けばかりしているので叩かれ「ジャパン・バッシング」と言われていたけれど、それがいずれ、アメリカも日本を通り越して中国に注意が向けられるなど無視される「ジャパン・パッシング」になってしまうのではないかと。
 どうも、それが現実になってきたのではないか。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします

  
国際総合 - エキサイトニュース
[PR]
Commented by paradeisapfel at 2011-05-03 23:31
世界からすれば、日本は「正確な情報を求めるべき対象」ではなく、「ゴシップを求める相手」になっているのでしょう。だから、CNNの東電社員寮突撃時のやり取りを本国に流されてしまうようなことになるのでしょう。
Commented by ruhiginoue at 2011-05-04 19:48
 なのに、キャスターが女性だとか韓国系とか差別で応じている人が多く、日本の現状を認識できてませんね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2011-05-03 21:51 | 国際 | Comments(2)