コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

トカゲのシッポに無罪判決

 イージス艦の衝突事故で起訴されていた海自の2被告に無罪判決となった。
 もともと、この裁判は「トカゲのシッポ切り」だった。このような事故は、自衛隊の体質から頻繁に起きて当然で、実際に色々と起きている。
 その中で、たまたま大騒ぎされた氷山の一角であった。そして、大事故の類だったけれど、故意ではなかった。自衛隊の車両が平気で交通違反した事故ような、故意によるけれど、警察が入れず警務隊つまり憲兵隊が隠蔽して大きく騒がれないから被害者が泣き寝入りというのに比べたら、悪質さは小さい。
 また、トカゲのシッポにされたから、被告らはとても気の毒である。なので無罪になって良かったようにも感じると同時に、切られたトカゲのシッポですら裁けないのだから、この国は救いようがないと感じる。
 
人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします

社会総合 - エキサイトニュース
[PR]
Commented by デカ at 2011-05-11 19:38 x
1に見張り2に見張り、34がなくとも5に見張り。
これはブリッジの人間の信念だと思う。
二時間の当直時間中にメガネ(双眼鏡)から目を離してはいけない。
そして、航海中の事件事故は全て艦長の責任である。
Commented by ruhiginoue at 2011-05-12 17:13
 帆船の時代から、見張りが居眠りしても艦長の責任ですね。ワーグナーの「さまよえるオランダ人」も、そうでした。
by ruhiginoue | 2011-05-11 12:50 | 司法 | Comments(2)