コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

だから老人は嫌われる

 82歳の「ジャーナリスト」加藤恭子なる人が戦争と震災を語っているが、だから老人は嫌われるという典型である。
 このインタビューによると加藤老婆は、戦争体験を思い出話として懐かしんでばかりいる。苦労したが乗り越えたと自画自賛し、敗戦を感じながらも国民としての義務を果たし勤労動員できちんと軍事物資を作ったと言う。
 そのうえで、今回の震災では、外国ではヒステリックにメディアが大騒ぎしているが、自分は「地面がときどき揺れているだけ」だから平気だと言う。
 もともと、戦争体験を自慢する老人ほど、実は苦労しておらず、都合の悪い話は隠すものだ。あの記録映画『ゆきゆきて神軍』で暴かれたように、苦労話ばかりしているのは、自分にとって恥ずかしい事実を隠しているからだ。そして苦労話の自慢は戦争の悲劇の本質を隠し、克服したということで戦争の責任を免罪にし、権力におべっかを使っているだけだ。
 あの戦争で日本と同盟関係だったドイツでは、ナチスと戦争に抵抗するため、勤労動員された女性が不発弾を作るサボタージュを命がけで行っていた。これは、実話に基づく映画『白バラは死なず』にも描かれている。弾圧で殺された女子学生は、生きていたら加藤老婆と同じくらいの年齢だろう。
 また、今回の震災が大変なのは「ときどき揺れているだけ」でないことは、言うまでもない。加藤老婆の言うとおりだったら、誰も苦労していない。被災者やその家族に失礼である。
 それに、外国メディアについて不正確さがあったとしても、騒がれない日本がのほうがよほど異常である。外国メディアについて是正を申し入れるにしても、日本国内では権力の弾圧のため正確な報道ができないのが実情であるから、正しい情報発信ができるわけがない。
 つまり加藤老婆は、貝になることを奨め、卑屈な奴隷根性を持つよう異常な要求をしているのだ。
 ただ、もともと老人は、達観したような気になって心ないことを言いまくるものだ。例えば、通夜の席で「泣いてもしょうがない。人間は必ず死ぬものだ」と言う老人。それは正しいが、悲しむ遺族や友人らの前で言うことではない。また、食事の席で「美味しいよ。腹が減っていれば何だって美味しい」と言う老人。その通りだが、贅沢を戒める言葉であって、楽しい食事の席や、ご馳走してくれた人に、言ってはいけない。
 これと同じで、老人特有の苦労錯覚および達観錯覚が、加藤老婆の発言の根底にはある。こういう老人は、ハイハイと相づちを打っていると上機嫌だが、少しでも突っ込みを入れると急変し、老人特有のブチキレ方をするものだ。そういう老人が近くにいたら、試してみると面白い。笑ってあげよう。

 人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします 
  
電子書籍&本・マンガ - エキサイトニュース
[PR]
Commented by ケーキイーター at 2011-06-07 03:22 x
確かにいるね。「私は子供とせっせっせをするのが好きなんだ」って主張する老人。私が母親たったら子供に「逃げろ」って教えるけど。私に言わせれば「プラトニック・ロリコン」。
Commented by pukuowl at 2011-06-07 12:16 x
この歳でジャーナリストって名乗れるのか、すごい。
曾○綾子さんもそうだけど、どれくらいの人が支持してるのかな?と思う。
Commented by ruhiginoue at 2011-06-08 19:29
 子どもに人生観を強要する老人、強い者に媚びて弱い者いじめして偉ぶる人、それに便乗する人たち、という構造です。
Commented by デカ at 2011-06-10 19:31 x
君のいうとおりやってごらん。
ほんとうに悲しい気持ちになれるだろうさ。
Commented by ruhiginoue at 2011-06-10 23:20
 こうなる前に死んだほうが良いのかと恐くなりますからね。
Commented by デカ at 2011-06-14 20:01 x
昔とたぶんいろいろ違ってるよと思うよ。
私たちも。
このころそう思うね。
Commented by ruhiginoue at 2011-06-14 22:00
 昔は意義があったとおもったものが、実は何の意味もなかったということに、今では気付いていますね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2011-06-07 01:12 | 雑感 | Comments(7)