井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

政治が悪いのは国民が悪いから

 脱原発について、菅総理は目指すと宣言し、枝野官房長官は遠い将来に実現する目標だと言った。しかし、最悪の事態となってしまってから言い出しても手遅れで、この状態の日本に「遠い将来」があるかどうか。
 おそらく菅総理は、芸能事務所から退社した肉体派俳優と同じように、辞めることになったからシガラミが無くなり、脱原発と言えるようになったのだろう。
 あの肉体派俳優は、大企業はスポンサーなので、脱原発を言うと芸能人は干されてしまうと言っていたけれど、これは総理大臣も同じことだろう。
 だから、つい昨年まで原発を推進し、外国にも技術を売り込んでまわっていた菅総理は、その外交と経済の実績を誇示していたのに、辞めるとなった途端に、事故があっても言わなかった脱原発を堂々と口にしたのだ。
 つまり、政権交代しようと総理になるには財界の顔色を伺うしかないことは変わらず、その現実を改めるように有権者は努力しなければならないのであって、ただ政府と総理を批判しても虚しいということだ。
 これはすでにアメリカについて言われてきたことだった。民主と共和の二大政党はどちらも財界の紐付きであることは同じ。だから大統領になりたければ財閥にごまするしかない。
 それで、石油成金一族のブッシュ大統領と対立するゴア元副大統領が、『不都合な真実』と主演映画まで拵えて環境問題を説き、原発は温暖化防止になるという大嘘へと誘導することで、業界の後ろ盾を得ていた。
 また2004年のアメリカ大統領選挙の候補者であるジョン=ケリーとジョージ=W=ブッシュは、2人ともあの悪名高いS&B(スカル・アンド・ボーンズ=Skull and Bones=頭蓋骨と骨)の出身者で、イラク戦争を起こしたブッシュ政権を批判しているはずの対立候補までが、戦争で金儲けしようという団体に属していた。
 ついにケリー議員は先日になって本性をあらわし、戦費で財政逼迫のアメリカは外国に対する軍事開始入を控えるべしというオバマ大統領に対し、アフガンから撤退した米軍をリビアへ送るよう、共和党のマケイン議員と共闘して、その法案を成立させた。
 このマケイン議員も元大統領候補だが、元軍人の政治家で、かつてデタラメ情報に基づきイラクと戦争すべきと熱弁を奮っていた。
 こうした圧力にオバマ大統領は屈した。かつてイラク戦争に疑義を呈した勇気を評価されて当選が決定的となり、就任後は軍縮姿勢をとってノーベル平和賞を受けたはずなのだが。
 これは財界主権というべき政治の現実によるもので、後ろ盾が同じなら政治家だって金太郎飴になる。ところがアメリカ国民はこれを改めることができず、民主党も共和党も大同小異で同じ穴のムジナであると絶望的になり、選挙の投票率はどんどん低下しつづけているから、自民が駄目だからと期待した民主も同じだったという日本と同じである。
 そして、そんな政治がまかり通る構造を問題にせず、政治家個人の批判ばかりして有権者としての自覚に欠けた国民も、日米共通である。アメリカは駄目でも、日本は教訓を得たはずだから、駄目ではない可能性がある。乏しい可能性だが無いよりはマシだろう。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします

政治 - エキサイトニュース
[PR]
Commented by デカ at 2011-07-15 01:56 x
脱原発は新産業育成の起爆剤なんだが。
産業界のじいさん連中は何故それがわからないんだろうか?
Commented by ruhiginoue at 2011-07-15 20:09
 わからない産業界の爺さん連中が邪魔なら、わかる新興産業界が頭をつかって、古い連中を排除するものです。
 アメリカでも巡航ミサイルなどの電子誘導兵器の時代に入ろうとするのを邪魔する航空機業界が政治家に賄賂を送っている事実を、ハイテク産業界からニューヨークタイムスやワシントンポストなどの「リベラル」な記者たちに流して焚きつけました。
 おかげで新産業は興るし、報道の自由がある国だと外国からは思われる一石二鳥です。
Commented by paradeisapfel at 2011-07-15 22:45
何事も「変えられない」「変えない」「変わらない」は、「変えないほうが得(な気がする)」からでしょう。
Commented by ruhiginoue at 2011-07-16 10:59
 それよりダイエットが続かないのに近いのでは。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2011-07-14 18:55 | 政治 | Comments(4)