コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

前田のおじさん亡くなった

 放送作家でTVタレントのマエタケさんこと前田武彦氏が亡くなったそうだ。
 そもそも、放送作家が自作自演するやり方は英国の「モンティパイソン」の影響で、「ゲバゲバ90分」の宮川泰作曲のテーマ曲もソックリだった。
 後のお笑い「コント55号のなんでそうなるの」とか「志村けんのだいじょうぶだあ」その他「とんねず」「ウッチャンナンチャン」などによるTVのお笑い番組は、ほとんどが「モンティパイソン」の影響あるいは剽窃であるが、毒気のある風刺まで受け継いだのは前田武彦だけではないか。
 「モンティパイソン」は、国営放送のBBCでありながら王室ネタのギャグまでやってしまう。さすがにここまでは出来なかったマエタケだが、例の、生放送中に選挙で応援していた共産党の女性候補が当選との知らせに、番組終了まぎわスタジオでバンザイして見せ、放送していたフジテレビの創業者で右翼反共主義者の鹿内信隆を激怒させ、一時TVから干されたことがある。
 これに比べたら、韓国ドラマにケチをつけた俳優などつまらない騒ぎに思えてしまう。
 個人的には、「東京こどもクラブ」で語り部をつとめる「前田のおじさん」という印象である。TVばかりでは子供の情操によくないと、物語や歌をレコードなどに録音したものと本が一緒になったもので、このおかげで童話のほとんどを「前田のおじさん」から知ったと言っていい。
 しかし家庭の経済の悪化で購読できなくなり、子供に気の毒だったと言う母親が、それでいて、仕方ないのでTVを見ていたら「TVばかり観るな」と叱るから、情けない親を持ってしまったと嘆かわしかった。
 そして、なぜか自宅には「エイトマン」の主題歌のレコードがあった。昔のアニメだからほとんど観たことが無いのだけど、なぜかレコードがあった。ヒットしていたので、アニメを知らない人も歌は知っているほどだったから、それで買ったような気がすると親が言っていた。
 その作詞が前田武彦さんであった。思い出してカラオケで唄ったことがある。合掌



人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします


社会総合 - エキサイトニュース
[PR]
Commented by デカ at 2011-08-08 02:12 x
マエタケは当時はようわからん人だった。
オレはあんなオッサンより、
ナゾの円盤UFOの方が好きだった。

東京の寄席で政治のネタをやられて、
すっかり嫌気がさして、
その場で出た。
関東と関西では笑いの質が何か違う気がする。
全て浮世をわすれるのが笑いなのだが。
Commented by ruhiginoue at 2011-08-09 20:47
>ナゾの円盤UFO
『サンダーバード』の製作者のSF?
矢追純一のドキュメンタリーもどき?
Commented by デカ at 2011-08-09 22:13 x
青い髪のねーちゃんが出てくるヤツさ。
Commented by ruhiginoue at 2011-08-10 22:31
では、これですね。http://www.youtube.com/watch?v=MsZV4soWM7c&feature=related
観ればきっと満足頂けるかと。
Commented by シド at 2011-08-11 02:56 x
思い出したよ月面基地マジックミラーの着替え室。
Commented by デカ at 2011-08-11 21:16 x
UFOが終わって、マエタケのはじまるよというつまらない番組になったのさ。相方は白人の少女。当時のテレビ向きの顔ではなかった。
Commented by ruhiginoue at 2011-08-11 21:40
 後番組は最近結婚した堺正章と一緒にマエタケがやってたのですね。
 「UFO」は87年の深夜の放送で初めてちゃんと観て、あと再編集映画版の「時間凍結作戦」などをビデオで観たたので、最初の放送はよく知りませんでした。
 「UFO」は英国が舞台だったためアメリカ売り込みで三大ネットワークに乗れず、それで次回作「SPACE1999」は宇宙を舞台にしたうえアメリカの人気ドラマ「スバイ大作戦」のマーチン=ランドーとバーバラ=バックの夫妻を主演にしたとのことで、このおしどり夫婦が最近離婚したと知って驚きました。
Commented by デカ at 2011-08-12 20:32 x
SPACE1999の二人のオッサンとオバサンはひどかった。
擦り切れた硬貨の肖像のような2人が、シワのないツルツルの宇宙服で、モノトーンの宇宙基地の中で芝居をするのだから…。プロデューサーが老人なので、どれだけ俳優が衰えているかがわからないのだ。アメリカ映画にはよくある。
Commented by ruhiginoue at 2011-08-12 23:03
 2ndシーズンではアメリカ人の「スタートレック」のプロデューサーになって夫妻は脇役になったし、ジェラード警部役も出なくなり、色調は派手になって活劇調になったのですが、シーズン1のシリアスモノトーンのほうが評判がよいのはゲストメカのおかげかと。
 しかし歳とったランドーは「エドウッド」で、ドラキュラ役者ベラルゴシにそっくりなりきってアカデミー賞です。
by ruhiginoue | 2011-08-05 21:59 | 芸能 | Comments(9)