コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

まいどのワンパターン

 原発でヤラセが発覚して非難されているが、今だから騒ぎになったことで、もともと原発に限らずどの分野でもやっていたこと。その最たるのは自衛隊がらみである。賛成の署名が乳幼児だったりして、地元で圧倒的多数の住民が歓迎しているというように、とんでもないことが行われてきた。
 こんどは沖縄県与那国島の町有地を取得して自衛隊駐屯地を建設することで、地元住民で賛否が二分しているが、ここにもヤラセはあって当然である。
 ただ、本当に歓迎している人たちもいる。雇用や補助金が欲しいからだ。原発と同じ構造である。それがないと困る人たちがいて、雇用や補助金など不要という人たちは迷惑がる。つまり堂々と迷惑がれる人たちは、歓迎している人たちと違い幸いな境遇である。
 そして押し付け合いになると、地元だと迷惑だが他所なら結構という人たちが、他所に決まったら大喜びで公益性を叫び、迷惑がる地元の人たちを非国民呼ばわりする。これを御用マスコミ人たちが煽る。そうすることで自分は御用メディアさらに政府の機密費からお金がもらえ、迷惑には遠い高級住宅地に住めるというわけだ。
 こうした構造を認識できず、怒りが湧かない人たちもいる。あきらめている人もいる。怒るより自分だけ損しない側に身を置きたいと願う人もいる。その割合はどうなっているのだろうか。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
 
  
政治 - エキサイトニュース
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2011-08-21 10:36 | 社会 | Comments(0)