井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

仏ジャーナリスト・チエリ=メッサンのリビア報告



 2011年8月21日、リビアで、先日の仏ジャーナリスト・チエリ=メッサン氏による取材。
 トリポリの一般人は危険だから怖がって外に出なかった、というのは当たり前 のことだからすぐに納得できる。これから銃砲激戦が始まるのに、普通の市民が外に出て反乱軍を歓迎したというのは非常識で、普通に考えれば到底信じられない。
 そんな報道は宣伝臭く、垂れ流している日本のメディアは、欧米および利権を持つ大企業の圧力を気にして御用と化しているのだろう。そんな「読売」その他の新聞を、金払っ て読むのは愚かだ。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by 和光 at 2011-08-24 14:09 x
「毎日」は相変わらずだが「自由に湧くリビア国民は、これまでカダフィの反米イデオロギーに振り回されてきたが、解放された」という特派員の報告。
完全にアメリカの忠犬ポチ報道だ。
エジプトでも同じだが、反体制の人たちも多くは反米感情が強い。そんな常識すら無視して尻尾を振っている。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2011-08-24 04:49 | 国際 | Comments(1)