コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

「911」から10年

 そもそも、どんな歴史的な出来後も、それが起きる背景があったうえでのことだから、必然性があって当然だ。
 だから、自民党の石原幹事長が、米中枢同時テロ10年にあたり「歴史の必然」と発言したことも、特に問題となることではない。
 その発言は講演中に「産業革命から続いた西欧文明、キリスト教支配に対するイスラム圏の反逆で、歴史の必然として起きた出来事ではないか」と述べたもの。テロを「必然」と表現したことが、被害を自業自得と言っているような意味に受け取られる恐れがあるので、不適切との批判が出るかもしれない。
 実際に、この事件について、アメリカは横暴により恨みを買っていたという指摘をすると、テロを容認していると叩く連中がいた。インターネットではネトウヨと呼ばれる連中が熱心に騒いでいた。
 もちろん被害者もいることだし、政治家なら神経を使って発言したほうがよいだろう。ただ、この事件を利用してアメリカは、外国に軍事介入し、国内では「愛国法」を作り令状無しでガサ入れできるなどの制度とし、これらに少しでも批判をすると、テロリストの味方とレッテル貼りをしてきたことも忘れてはならない。
 日本では2002年に、防衛庁が情報公開請求者を密かに監視していたことが内部告発により発覚して、問題になった。
 日本は2001年4月1日から、アメリカを見習って民主的になろうと情報公開制度を施行した。しかし同年9月11日に例の事件が起き、またアメリカを見習ったのだろう。「アメリカが咳をすれば日本が風邪をひく」という喩えのとおり。

 そこで、外国の方からネットを通じて連絡があり、自分がかつて関った情報公開の問題を再び紹介することになった次第である。

 テレビ朝日の報道。解説字幕を付けてみた。


 フジテレビの報道 例の、枝野さんは、かつて追及する側だったのに、というもの。 

 
 時間があったら、以下もぜひご覧下さい。アメリカでも、普通の市民が些細なことから監視されていたことが情報公開から発覚したという、怖い話。
 ここで登場する女子学生は、次の大統領選挙の候補となっている議員を応援していたことで、反政府のレッテルを貼られていた。その議員は共和党の保守派で、しかし米軍を外国から撤退させるべきと主張している。それで軍が、応援する市民は敵と看做した。



 前に紹介したとき、続編は字幕が無かったので紹介してなかったけれど、付いたので、ぜひこちらも見てください。





人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします

政治 - エキサイトニュース
[PR]
Commented by デカ at 2011-09-12 01:51 x
いいじゃないですか。
分裂と分断、格差と差別、巨大な敵国の崩壊のとどろきは太平洋を隔てて、ここちよい音楽として流れてきます。
それに、なにかご不満でも?

彼は、(日本人であれ)そんな所にいた者は自業自得と言っているんですよ。裏切られたとはいえ、小国民がアメリカの崩壊を喜ばないはずがありません。三つ子の魂百までですね。
Commented by ruhiginoue at 2011-09-12 03:43
 崩壊するアメリカからの解放を悦ばず、その属国でいることが国益であるという幻想に縛られたままである日本を問題にしているのです。
by ruhiginoue | 2011-09-10 19:32 | 国際 | Comments(2)