コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

侵略者の傀儡が国連で大嘘演説

 経済的な意図からリビアを侵略したNATOに雇われた傀儡政権代表が、国連で大嘘の演説をした。
 そして、その嘘を受け売りして真実であるかのように報じる御用マスコミ。
カダフィ政権による弾圧を強調するが、これは証拠が無いどころか否定の証拠があることが、NATO加担国以外では普通に報道されている。そしてNATO軍の攻撃による被害は隠されている。
 例えば、サッカーの応援の真似をして、欧米言いなり王政時代の国旗を顔に描いた女性たちなど、そんな嘘臭さ充満の、新政権を歓迎というヤラセ見え見えの空々しい西側報道に比べると、この、カダフィの肖像を持ったり緑の国旗を身につけた子供たちの、NATOの攻撃への怒りと恐怖と哀しみのまざった表情には真に迫っており、胸を打たれる。



人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします






国際総合 - エキサイトニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2011-09-25 14:08 | 国際 | Comments(0)