井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

東京都で汚染がれき処理

 汚染の拡散につながると危惧があり、社民党などから反対の声が出ているのが、汚染がれきの東京搬入処理である。
 これについて、民主党の細川環境相は大臣就任直後に、「痛みを分かち合う」精神に基づき全国の自治体に引き受けてもらうという。
 しかし、実際は分かち合うのではなく薄めて無害になったふりをするものだという批判がすでに外国からされている。
 ガンダ−セン博士が述べているのをyoutubeで見たが、主要な部分の大意は以下のような内容である。
 「今、日本政府は、瓦礫であれなんであれ1kgあたり8000ベクレル以下の放射能であれば、その焼却を許可しています。これは、瓦礫約1キロあたり毎秒8000核分裂(崩壊)が起ることを意味します。こんな物質は。アメリカでは「放射性廃棄物」と看做され、何千年も地下に埋めておかなければなりません」
 「しかも日本では、混ぜ合わせることまで許可しています。これでは、もし、あるサンプルが1秒あたり24000核崩壊(ベクレル)であるときに、放射能汚染の無い物2つと混ぜ合わせ3つを平均して8000核崩壊毎秒とすることが出来てしまい、焼却も許されてしまいます」
 「すると、福島原発から出て地上に積った放射能が、ふたたび空中に浮遊することになります。その周りの街や、付近の学校、除染されたはずの校庭までも、再びセシウムが堆積してしまいます」
 「このような焼却により、日本で今いろいろな地域から出た放射能の雲が、これまでクリーンだった地域や、汚染が低レベルだった地域を、再汚染しています。実際に、以前より高い放射能汚染になっていると、もうすぐわかることでしょう」
 「この汚染は日本だけに止まりません。太平洋の向こうの国々の北西・太平洋岸をも汚染します。
 ですから、放射能汚染された瓦礫の焼却を許すことは、福島の事故による汚染を再現することになるのです」

 空気も水も、このような発想で処理されてきたのは、周知のとおり。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします

経済総合 - エキサイトニュース
[PR]
Commented by デカ at 2011-10-05 00:11 x
今日大阪のニュース番組でネズミ男が千五百件の反対意見など、都民千五百万人にくらべれば意味のない数字だから、石原は平然と無視しろと言っていた。

無論、信大で見つかった120人中2人の被曝した子供の甲状腺異常などくだらない話だ。数千のがん患者など国家規模から見れば、ほとんど大した問題じゃない。そうさ、ネズミ男が正しいのさ。

しかし、放射能汚染地区に復興などあり得ないし、福島近県から産出された食品に安心などあり得ないのもの、また正しい意見じゃないのか?それが放射能汚染というもんだ。

福島の一番正しい使い方は、放射性廃棄物の最終処分場でしかない。なぜなら、吹っ飛んだ原発があるからだ。
しかも、原子炉からは今日も新鮮な放射能が解けたシリコンリングの間から漏れ出しているのである。

福島に何か未来があるとしても、それはかなり先の話。福島を復興する気があるなら、首都を福島にしてみろよ!ということだ。違うか?ネズミ男!

そうか、ネズミ男よ。確かに、放射能汚染に強い日本人を作らねばならないよな。だから、日本全土で放射能に弱い人間を除去するという君の意見は、結局正しいんだな。恐れ入りました。

Commented by ruhiginoue at 2011-10-06 20:51
 本音が先にあったけど、頭隠して尻隠さずやってきたので、今さら奇麗事を言っても如何なものかという、逆転というかねじれの現象が起きているのです。
Commented by デカ at 2011-10-09 01:40 x
福島はオシマイということ。
それが原発事故というものだから。
東京のために電気をつくってたんじゃない。
金が欲しく福島を売ったのである。
当然の報いだ。
哀れなのは原発のない近県。反対だった住民。
分かち合うと聞いたときは虫唾がはしった。
お前の家に捨てろと思ったね。
京都では福島を哀れむ気持ちは微塵も感じない。
建前すら存在しない土地もある。
核のゴミは福島にあつめるべきだろう。
巨大な核のゴミ捨て場が1夜にして出現したのだから。
利用しないてはない。
Commented by デカ at 2011-10-12 00:44 x
今の法律では原発は治外法権なのである。
東電幹部を捕まえるには、
金融商品取引法の虚偽記載以外にないだろう。
そう思う。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2011-10-04 19:59 | 学術 | Comments(4)