コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

自国を棚に上げて他国を非難する国々

 イギリスで人種差別がらみの暴動が発生したが、かつてアメリカでも人種差別がらみでロサンゼルス暴動が起きていて、このときアメリカはリビアと激しく対立していたため、カダフィ大佐が大喜びで演説でとりあげ、それを報じる日本の新聞の見出しは「溜飲下がる」だった。
 そしてフランスでは核施設が爆発し、アメリカの原発も際どいことがあった。
 さらにアメリカの首都ワシントン中心部では、政府に対し経済格差を抗議する大規模デモが開催され、また大企業支援やアフガニスタンでの戦争に抗議する集会が催された。
 おなじころリビアでカダフィ氏は、欧米の傀儡である国民評議会に抗議デモをするよう国民に呼びかけたが、その前に欧米の国民が自国政府に激しく抗議したというわけだ。
 リビアと対立した国では、国民と政府が対立したり不幸があって、カダフィ氏に限らすイスラム圏の人たちは「アラー・フ・アクバル」と叫んでいるだろうが、天罰とかいう以前に、もともと米英仏などの国々は、自国のことを棚に上げて他所の国を批判したり攻撃したりしてきているので、その欺瞞のため、外国に向けたものが跳ね返ってくるというべきだろう。
 実際に、アメリカでデモを主催した人は、「アラブの春」「中東の民主化要求デモ」に触発されて、アメリカの保守派に対抗しようと思い立ったと語ったそうだ。
 

 人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします

 国際総合 - エキサイトニュース
[PR]
Commented by デカ at 2011-10-09 01:07 x
ヨーロッパにはリビアを押さえて油田を自由に使う必要があるのです。
福島で原発が吹っ飛び、原子力発電をやめれば油が高くなる。
なぜなら、以前は「じゃあ、原発にするよ」と値切れたのが、できなくなるから。
ところがNATOは英雄的自己犠牲により、リビアの奪取の支援をした。
「じゃあ、リビアの買うよ」と言えるために。
まさに軍隊の必要性、自国民の生命と財産を守る行為ですよこれは。

Commented by ruhiginoue at 2011-10-11 19:06
 ただイタリアがに国力がないだけですよ。
 ヨーロッバでもっともリビアに近いのはイタリアのシチリア島で、そこの基地を使わせろと言われたものの、NATOに加盟はしているが英仏の属国ではないと反発しています。
Commented by デカ at 2011-10-12 00:35 x
イタリーはシチリアを爆撃されると思ったんでしょう。
Commented by ruhiginoue at 2011-10-15 15:29
 占領されると思ったのかもしれません。
by ruhiginoue | 2011-10-07 16:50 | 国際 | Comments(4)