井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

戦争だけでなく民主主義の問題

 リビアのカダフィは正式な地位に就いてなかったが、顔役のようにして影響力を持っていた。
 そんな形ではあるが国一番の権威者として影響力を40年以上も持っていたにしては、 腐敗が少なく善政をしいていた。
 アメリカの大統領なんて、40年どころか4年足らずでも堕落している。
  カダフィの政治理論書『緑の書』は、「51パーセントの得票を得た勢力が、49パーセントに対して絶対的な支配権を認められるような民主主義では駄目だ」という趣旨の指摘をしている。これは、日本でも欧米でも、長きに渡り問題にされてきたことだ。多数決に名を借りた全体主義に至りがちな民主制度の欠陥として。
 ここでカダフィは、それなら直接民主制のほうが望ましいと説いている。直接民主制を実施している国は現実にあるが、カダフィが説くものはスイスなどの住民集会とはやや異なり、砂漠に点在するオアシスごと部族ごとの共同体を、自然の秩序とみたて、自治を認めるというものだ。これは『アラビアのロレンス』にも描かれていた、当地の特殊な政治風土を踏まえたもので、日本の「地方分権」とは異なる。
 そのうえで、部族の上に立つ「顔役」のような専制をとっているから、国家が社会を丸ごと強制的同一化する独裁とはまったく異なる。これは欧米でも指摘されてきたことだ。
 ところが日本の報道は、これら周知の事実に反した嘘を垂れ流している。例えばTBSの報道は、『緑の書』は「民主主義を否定している」と報じていた。 戦争翼賛のために嘘の報道をしたわけだ。
 ここで問題なのは戦争についてだけではない。今、ちょうど大阪で行われている選挙にもみられるし、アメリカの大統領選挙でも同様だが、もともと勢力と財力のある者同士だけで、宣伝合戦による印象づくりの成果として、一回の投票で一時的に多数派とされた勢力が権力を握り、他はすべて否定して強制的に従わせようとする政治の、どこが民主主義なのか、という問題がある。

 人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします

 
[PR]
Commented by デカ at 2011-11-21 23:25 x
>ところが日本の報道は、これら周知の事実に反した嘘を垂れ流している。
周知の事実じゃなく、誰も知らないと思うよ。
この砂漠の島理論を最初に公言したのはロンメルで、リビアの砂漠は海と同じで、オアシスや都市も島という補給点にすぎない。その海上の戦力を破壊することが勝つことの全てだ!と宣言して、地図上の撤退という概念を捨て去った「砂漠の戦争」で勝利を得たわけです。カダフィーは政治上同じことをせざるを得なかった。
北アフリカは一つの国家、つまりイスラム教というひとつの宗教で統一されるでしょう。それはキリスト教文化をもつ多民族国家、ローマの国々と対立せざるを得ないわけです。
地中海を中心とした殺し合いがわが国の利益に繋がるよう、不離不側で我々はこの歴史スペクタクルを遠見の見物とゆきましょう。私は舞台のもう一方の役者、ブリテンの動静に一番興味がありますね。
Commented by ruhiginoue at 2011-11-22 22:45
 誰も知らないはずはなく、著書は邦訳だって出てますよ。報道だって。今ほど破滅的ではなかったし。
 その前にもTEロレンスが『七つの知恵の柱』に著してます。ロンメルは『戦車戦術』を著していて、これを熟読して裏をかいたパットン大戦車軍団が撃破し「ロンメルのバカめ。俺はお前の本を読んだんだぞ」というわけです。
 北アフリカは、カダフィの呼びかけでネルソンマンデラまで応えて南アフリカまで団結するでしょう。そうしたら欧米の時代は終わりです。英仏は世界の地図から消えるでしょう。
 
 
Commented by デカ at 2011-11-23 20:29 x
パットン戦車軍団は娯楽映画ですから。西部戦線でロンメルは上陸地点での阻止を提唱しています。内陸で叩くという戦法はヒトラーのもの。パットンの映画の見るべきところは、最後に事故で将軍が、ニュルンベルクで殺されるドイツの将軍より若死にすること。もののふの哀れというやつ。

それから、大阪商人も大阪の人間も、役人や公は邪魔な存在でしかないですから。全く相手にしていません。
あいつらの世話にも、あいつらとの取引もやりません。金にならへんから。
ワン公っていうでしょ。歴史的に野良犬と同じくらいな存在だし、公務員になることは人間として恥だし、堕落なワケ。こういうの関東の人にはわからんだろうけど。安定というのは、上が決まってるということで、これは向上心の放棄なわけ。
大阪の人間には死ぬのと同じくらいつらい筈のこと。だったんだけどね。



名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2011-11-21 19:43 | 政治 | Comments(3)