コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

教師が試験の点数を勝手に公表した話など

 慶応大で、学生の名前や成績などの個人情報がインターネット上に漏えいしていたと、同大学が発表した。教員が誤って認証なしで閲覧できる状態にしたことが原因という。
 これは過失によるものだが、もしも教員が、貶める目的で故意に名前と成績を公表したら、どうだろうか。大問題になって教員は失職するだろう。
 ところが、これをやっていたのが小学校のころの担任の男性教諭だった。佐々木という姓だったから、後にテレビの人気ドラマ『あばれはっちゃく』を観て、その男性担任と同じ姓なので、姓は同じでも大違いだと思ったものだ。これを演じた俳優が亡くなったと少し前に報じられた。
 このドラマの生徒から慕われる佐々木先生と違い、小学校の担任だった佐々木先生は、試験の点数を児童一人一人クラス全員の前で読み上げ、とくに成績が悪い生徒を侮辱することはもちろん、全体的にも平均点が悪いからと、一部の例外を除きクラス全員が駄目だと罵声を浴びせてばかりだった。
 そんなに全体が悪いなら教える側の責任であるが、そもそも点数の付け方が、意図的に点を低くするようにしていたのだった。例えば小学校の算数の試験では、文章題の計算式が立てられて5点、正解なら5点、合計10点というようになっているもので、それは文章読解と立式の能力、計算する能力、両方が大丈夫か、片方に問題はないか、ということを調べたうえで指導するようになっているからだ。小学生なのだから当然だ。
 ところが佐々木先生は、式は合っているが計算違いしたというのを、5点ではなく0点にしてしまい、入試では結果が総てだと言う。これは入試ではないし、入試も含めてちゃんとできるようにするための指導だ。こんなこと説明するのもバカらしい。
 そのようなことを色々とやって、わざと点を低くしたうえ、出来ない奴ばかりだと言って侮辱する連続の佐々木先生であった。
 こうした、試験の意義を踏みにじる不正の採点だけでなく、授業も酷いものだった。先述したとおり成績が全体的に悪いなら教師の指導に問題があるわけで、その反省もなく教え子を侮辱するのだから無茶苦茶だが、そこでなぜ反省が無いのかというと、自分の酷い授業が正しいからだと確信していたのだ。どう酷い授業かというと、これではちゃんと指導できるはずがないというほど脱線ばかりしていて、その脱線とは政治的な話をすることだった。
 そして、授業そっちのけで「自衛隊は憲法違反だ」と熱心に説き、とくに、北海道で自衛隊がいかに悪いことをしたかという具体的な話には力がこもっていた。
 これは後に「恵庭事件」だと知り、そのときの裁判で、守るのは国家体制であって国民一人一人ではないと言い放った自衛隊の公式見解には、自分も心底から許せないと今でも思うけれど、だから小学校の授業をそっちのけにして良いわけではない。
 それでも、つい夢中になってしまったというなら、学校の勉強より大事なことはいくらでもあるのだから許せもするが、その結果の試験の点数で児童を侮辱するのでは許せないし、しかも故意に不正な数字の操作までしたのでは、もう政治的というより異常すぎるというべきことだ。
 ほかにも、この佐々木先生は、昔左翼系学生の間で流行した「うたごえ運動」の真似をしようと言いだし、よく放課後にクラス全員を居残らせてスクラム組んで合唱を強要し、塾や病院などの用事があると言っても帰さず、どうしても今日は都合が悪いから帰してほしいと言った児童は派手に殴られた。これは自分のことだが、そのときまだ十歳にもなっていなかったから、手加減無しでビンタをされて転びそうになった。にらみつける佐々木先生のジャージの胸には、いつも着けているバッジがあり、「教育を壊す主任制度反対」という日教組のスローガンが書かれていた。
 この主任制度に問題があるとは、後に自分でも思ったが、佐々木先生のような教師に対処するためだと言われたら、そうかもしれないと思ってしまうだろう。ただし、無駄であろう。この種の問題に対して上からの取り締まりは、地下に潜伏させるだけである。
 実際、佐々木先生は、卒業式の「君が代」斉唱で、抗議したり不起立したりすることはなかった。教師として児童に対し、大人なのに子供に対し、権力をカサに着て暴虐を振るう者であるのだから当然、堂々と権力に楯突く覇気など持ち合わせているわけがない。
 こういう現実は各地にあるのだが、それを認識しない人たちが、石原とか橋下らによる、どうせ無駄な、せいぜい人間関係に禍根を残す程度の効果しかない政策を、支持してしまうのである。
 
 
人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by ケーキイーター at 2012-01-23 21:46 x
最初はただ「絶句」とだけ書こうとしたが、やめた。私の小学校の時の先生より凄まじい。お師匠さんて前にもこいつのことを書いてたなあ。本の中でもちらっと書いてはいたが。保護者達からは何の文句も出なかったんですか?
Commented by たま at 2012-01-24 11:29 x
尊敬できる大人、愛すべき大人に幼少期に触れていないと、尊敬され愛される人とはなかなかなれないもの。
Commented by jonny at 2012-01-24 13:08 x
想像だが、一部を除いて全部駄目だと罵ったそうだが、その一部は富裕層の子女ではなかったか?
教師の教え方が悪くても家庭教師や塾で勉強している。
だから親から文句が出ない。文句言いたい親は、うちが貧乏だからと卑屈になる。

告発された教師は、きっと生い立ちが良くなかった。だからそんな人間になった。そんな教師に遇ってしまった者も悪い人間になる。こうして告発者を貶め告発を封じようとする最低の手口がある。
福祉や教育を切り捨てる。戦争で子供を苦しめる。こういうのは橋下みたいなのだけではない。ブッシュ一族など親の愛情たっぷりである。
Commented by 石畳 at 2012-01-24 19:51 x
口先で「左翼的」なことを言う教師ほど、自らの権力性に無自覚な輩は居るまい。「自衛隊は憲法違反」などと言いながら、やっていることは旧軍内務班のイジメそのものではないのか。


>ジャージの胸には、いつも着けているバッジがあり、「教育を壊す主任制度反対」という日教組のスローガンが書かれていた。


このような連中が「教え子を戦場に送るな!」と叫んだところで誰からも信用されまい。既成左翼が没落していくのも当然ではないのか。時勢が変われば、映画『西部戦線異状なし』のカントレック先生のように、教壇から「愛国の熱弁」をぶちまくるだろう。
Commented by ruhiginoue at 2012-01-25 21:00
 この佐々木先生は、同僚たちからも批判や疑義が出ていたけれど、たしかに親がどうかによって子供に当たり方を変えていましたね。
Commented by デカ at 2012-01-25 21:27 x
そういう教師の前で自分の意見をどうどうと言えるかは、家の教育というもんだ。
そして、その教育こそは歴史が育むものなのである。
サムライの気概、商人の才覚、農民の我慢、それぞれ
あるさ。
Commented by デカ at 2012-01-25 21:30 x
先生も雲や霞を食ってるわけじゃないから、金がいるんだ。
もし教育をよいものにしたいなら、生徒達が自分も先生になる!と最も優秀な生徒が思うほど、高級優遇してやるべきだ。
Commented by と世人 at 2012-01-25 22:54 x
極左の狂信者に意見しても無駄だとわかる一部のインテリ家庭は自衛して塾に行かせたんだろう。
こういう教師がいて、少ないけど威勢だけは良い。
だから私立校をもてはやすバカなネオコンがでるのだ。
Commented by ruhiginoue at 2012-01-27 19:03
 高給が取れると、その地位を特権階級が独占しようとして学費を高くして結果は劣化します。
 医師がその最たる例です。
 意識の高い親は、公教育に期待しなくなっています。市民エゴのレベルでも、公教育から逃げ出しているのです。
Commented by トキ at 2012-01-28 00:30 x
うちに金がない奴はどうしたらいいのか、義務教育だけで教師になれるなら話は別だけど。たくさんの優等生が高給を目指して教師になったら学校は劣等生の気持ちがわからない金の亡者の指導者ばかりになるよ。
Commented by ruhiginoue at 2012-01-28 14:31
 佐々木先生の下の名前を何故か知る人たちから「よく言ってくれた」というコメントと、逆に怒って抗議するコメントがありましたが、フルネームだとやや問題があるので削除します。 公立学校教諭である公務員の公務についてのことだから、名誉毀損の対象外とはなりますが、個人攻撃ではなく、このような教師が時々いて同じ団体に属していたりするという問題だからです。
 また、携帯から毎回名前を変えたりなりすましたりの投稿はお断りなので削除します。
by ruhiginoue | 2012-01-23 18:21 | 社会 | Comments(11)