井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

二宮尊徳

 最近、二宮金治郎の銅像が学校から次々と撤去されているという。まるで旧ソ連圏諸国からレーニン像が撤去されていた当時のようだ。
 この二宮金治郎像は、かつて教師たちにとって、「日の丸・君が代」を上回る悩みの種だったそうだ。
 その薪を背負って本を読みながら歩く少年は、勤勉の象徴のようにいわれているが、これを現代でやったら交通事故その他いろいろと心配だ。山道ばかりの昔とは違う。勉強のためだろうと、楽しいマンガだろうと、夢中になりながら歩いては危ない。そう指導しているのに、銅像は迷惑千万である。
 なのに、奇特な年寄りが寄付すると言ってくる。政治的な押しつけとは違う善意だから、拒否しにくい。もちろん政治的でなくても、価値観の押しつけとして反発もある。「ファシズムへの道は善意によって舗装される」という格言もある。
 しかし、そんなこと言っては寄付を申し出た人に悪いし、下手な対応をして癇癪をおこされたら、そのさいの老人特有のぶち切れ方は始末が悪い。
 それでも、時代が変化して、寄付した老人の世代はだいたい目出度く鬼籍に入り、そこで業火に焼かれるか血の池で溺れるか針山で串刺しになっている。
 だから銅像など撤去しても苦情は出ないし、また今の奇特な人たちはタイガーマスク実は伊達直人を名乗ってランドセルを寄付するなど、合理的に有益な善意を示す。
 というわけで、本だけでなくゲームに携帯電話にアイバッドその他が出る時代になったこともあり、ますます有害な銅像は次々と撤去されているわけだ。
 ただし銅像の人物が悪いということではない。あくまで銅像を押しつける者が悪い。レーニンの妻だって、「夫が生きていたら、自分の銅像や廟ではなく学校や病院が建ったたほうが喜ぶはずだ」と言ってスターリンに抗議している。

 先日、たまたま小田原に行った。そのさい出身地にある神社にも立ち寄った。
 提灯が並ぶ正月の賑わいも終わりの時期となり巫女さんらが後かたづけ。  

f0133526_20233264.jpg


f0133526_20235320.jpg


f0133526_20242410.jpg


f0133526_2024841.jpg



人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by デカ at 2012-01-25 21:24 x
二宮の銅像はみな電線となって前線で散華していますよ。
しかし、本を読みながら歩ける社会を作ろうと、なんで君は思わないわけ?
Commented by と世人 at 2012-01-25 22:57 x
戦争末期に寺の鐘が供出させられたのを思い出した。
交通事故が問題になったが、車社会のおかげで児童労働が禁止できたことをデカさんなら評価すると思ったけど。
Commented by デカ at 2012-01-27 00:06 x
車社会と児童福祉法は関係ないでしょう。
石炭の話かな?
Commented by ruhiginoue at 2012-01-27 18:58
 必要もないのに子供を働かせるのではないから、禁止するために児童福祉法なんて法律が出来たのです。
 それを遵守しないのは、できない時代だったからで、しかし色々と便利な時代になったら、遵守されるようになったのです。
 読書もメールも、歩きながらする忙しい社会だから交通事故で年間一万人の死者がでるので、歩きながら読書できる社会というのは矛盾です。
Commented by デカ at 2012-01-28 16:24 x
相変わらずの片面的観察力だな。
車のない時代は、街と駅まで人が歩けるようにすれば良かった。
ところが車社会になると広い道路を全て除雪しなければならなくなった。
鉄道もなくなれば、除雪能力のない田舎町は雪が降れば孤立する。
ここに共通するのは弱者への視点の欠如。
便利、便利ってそれは誰の便利なんだ?
そもそも、たかだか人間一人運ぶのに1トンから2トンの
自動車が必要なのか?
忙しいなら、自転車だろう。大阪は今も昔もそうだけど。
Commented by デカ at 2012-01-28 16:46 x
歩きながら読書ができるほど安全な道路は、
人間が生きてゆくために絶対に必要なもんですよ。
道路で人が犬やネコのように死んでよいわけがないでしょ。
そんな単純なことが分らないの?
出来ない理由は、すべて誤りなんですけどね。
Commented by maru at 2012-01-28 19:07 x
歩きながら安全に本を読める、そんな道を作ればいいだなんてそりゃSFの世界だ。
Commented by と世人 at 2012-01-28 20:08 x
私の書き方が足りなかったようで補足します。
〝本を読みながら歩いても交通事故に遭わない道〟と、〝本を読みながら歩いても大丈夫なくらい安心できる街〟とは違います。
また、〝車社会になったから児童労働など無用になった〟というのは〝自動車で運搬できるようになったから子供が荷物運びしなくてよくなった〟のとは違います。
文明の利器が発展した成果により単純作業は人の手足がどんどんいらなくなった。だから子供まで働かないといけない社会ではなくなったということです。
もちろん交通事故という新たな問題が発生したからこれは別に考えることではある。けど、小さい子供が働きながらでなくても勉強できるの世の中になった。だから道を歩くときは読書より車に気をつけよう。
そういう世の中になってまずは結構ではないか。デカさんならそういう見方をするほうではないかなと思った次第です。
Commented by デカ at 2012-01-31 01:10 x
>歩きながら安全に本を読める、そんな道を作ればいいだなんてそりゃSFの世界だ。

そら、田舎のSFやろ。
安全な路をつくるのは簡単な話や。
車の消費税を10000パーセントにしたらええねん。
Commented by ruhiginoue at 2012-01-31 20:26
 クルマの増税してでも道路を北欧みたいに自動車と自転車と歩道に分けて整備して、安全と環境に良くするべきだと思います。
 だけど、日本はこれだけ道路財源があっても、年度末のアスファルト引っぱがし工事ばかりでよすね。
Commented by ケーキイーター at 2012-02-06 20:41 x
あのー。「銅像」ということで、今ふっと思い出したんですけど。在韓日本大使館の連中が、少女の銅像を前にビビっていたということらしいですが。だったら仏像、或いはブロンズ像でも大使館内に設置すればいいのにって。こういうの駄目?
Commented by ruhiginoue at 2012-02-07 23:24
 室内なら胸像でないと。
 銅像は夜になると動きだすという噂でみんなが怖がります。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2012-01-25 20:51 | 社会 | Comments(12)