コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

有名人と同姓同名

 あるサイトのコラムで、有名人と同姓同名の苦労や笑い話が紹介されていた。
 小林旭という人が、未成年者が夜遊び中かと疑われたのか警官に声をかけられ、名乗ったらふざけていると思われ怒らせたが、本当だとわかったら急に態度が変わったうえ、対応が親切になったから、もしかして警官がファンだったのか、という話や、お父さんが鈴木宗男というそうで、職場では汚職問題のさい部下に大変ですねとからかわれ怒り、息子は父が建てた自宅を「ムネオハウス」と呼んで面白がった話など。
 
 それで思い出したが、同級生に酒井昌明という人がいた。転校生で、担任が「さかいまさあき君」と紹介したさい、冗談かと思い本気にしない人がいた。そしてもちろんあだ名は「マチャアキ」になった。
 また、同級生のお姉さんに「まつだきよこ」さんがいて、漢字では松田聖子と書くから、本人は苦労したそうだ。70年代まではそんなことなかったのに、80年になってからというもの、名乗るぶんには良いが署名では本気にしてもらえないし、「まつだせいこ、さん、とおっしゃるのですか」「いいえ、きよこ、です」と、何回言ったかわからないほどだそうだ。

 他にも色々あるが、政治的に睨まれている人とか、抗争している暴力団の関係者などでは、同姓同名で間違えられて、笑い話ではすまず、命にもかかわり、殺された人もいるらしい。
 
人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2012-02-18 23:01 | 雑感 | Comments(0)