井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

光市母子殺害事件の最高裁判決

 予想したとおりの光市事件判決も、報道は中東情勢と同じ。
 前に繰り返して述べたが、対立があるなら、その双方の言い分を紹介して、比較のうえ判断できるようなものでないと、情報を得たことにはならない。これはすべてに渡って共通することだ。
 中東情勢は、NATO軍の側から一方的に垂れ流される報道まがいばかりだ。
 光市事件も、検察側から一方的に垂れ流される報道まがいばかり。遺族を表向き立たせ利用しているとの批判もあるが、それ以前に、対立する双方の言い分を紹介していないから、この事件に関して垂れ流されるほとんどが報道まがいだ。
 一部の新聞が、裁判での検察側と弁護側の主張を漠然とした図にして掲載したことがあるだけで、読んだ人はだいたい、これでは何のことだか解らず、アリバイ作り以外ほとんど意味がない。
 また、検察側(表向きは遺族側)に立った報道は、嘘が目立ったのだが、それは問題になっていない。逆に、その嘘に基づいて弁護側を非難している。 
 例えば、犯人が「ドラえもんに、なんとかしてもらいたいと思った」と発言したことについて、どこがどう悪いのか指摘もなく、ふざけていると非難した話は有名。
 橋下のデタラメ発言が出た番組では、ここで歌手崩れの関西ゴシップ芸人「やしきたかじん」が、ヤクザ顔負けで「ゴルァ」と恫喝していた。
 被告は確かに「ドラえもん」とは言ったが、それは、とんでもないことを仕出かして気が動転してしまい、テレビの人気アニメで困った主人公がドラえもんに泣きつく場面を連想した、というだけのこと。だから、本当にドラえもんがいると思ったのではないと明確に証言している。
 ところが、やしきたかじんは、ドラえもんがいるわけないという趣旨で、弁護団全員を一人で論駁できると言い「俺が独りで相手になってやるわ」。もちろん口だけである。ガンになるより何年も前のことだ。
 こんなのは論外だが、テレビ朝日では、朝日新聞の記者が、弁護団は死刑廃止運動のためデタラメを言ったと完全な嘘を放言した。弁護団に死刑廃止運動に関わっている人も含まれているが、そうでない人もいるし、だいたい、弁護の方針と死刑廃止とはまるで関連がない。
 また、犯人は遺族を「調子づいている」と言って誹謗しており反省していないと報道されているが、これは犯人が文通している中で、遺族は言い過ぎではないかと指摘されたさい、「自分は何を言われてもしょうがない立場だ。遺族が言っているのもマスコミに煽られてのことだ」という話だから、遺族を誹謗したのではないし、批判の対象は明らかにマスコミのほうだ。
 こうしたマスコミの嘘宣伝に隠されて、とんでもない判決になっている。要するに、「殺してしまったが、わざとではないし反省している。なのに、わざと計画的にやったことにされてしまった。とんでもないことだ。そう言える証拠もある。やったことについて罰を受けることは当然だが、罪を重くしようと脚色することは許されない」という弁護に対して、「素直に死刑にならず、死刑を避けようと弁護を受けたのが悪いから、死刑にしてやる」という趣旨であることがわかる。このような判決は、日本の刑事裁判では珍しくないから、いまさら驚くことではないが。
 これでは、日本国民みんなにとって、明日は我が身である。例えば交通事故を起こしてしまったさい、わざとぶつけたことにされるなどの応用が、いくらでも出来てしまう。裁判の結果は一人歩きする。被告と自分は違うと思ったら、大間違いである。
 
 人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by ATM at 2012-02-20 22:00 x
いきなり他人を「歌手崩れ」などと言い放つような人間と、感情の赴くままに弁護団を批判する人は、どこが違うのかが全く分からんです。
Commented by A級判定員 at 2012-02-20 22:32 x
この裁判まだやってたのかよ?
早く死ねばいいのに。

Commented by 半ベエ at 2012-02-20 22:33 x
たしかにドラえもんはいないし気が動転したのかもしれない
でも気が動転した人間が勃起できるのかね?
まったく話に整合性がないのは幼いからじゃ無く
整合性なんかどうでもいいからじゃないのかな
反省してる?どこが?手紙だけじゃない
言動もおかしいいよね
幼いから?精神が発達してない?
弁護って弁護人に不利益な証言はたとえ事実でもしないしさせない
例えばドラえもんとかね
Commented by 小野哲 at 2012-02-20 23:35 x
 A級判定員および半ベエ君へ。
 A級判定員君よ、君はこの事件をどこまで承知なのかね。被告人は発達障がい当事者であり、育っていなかったわけだ。それを安易に「死ね」というのは無神経以外の何者でもない。
 半ベエ君、君の発言は被害者および遺族ばかりか被告人を冒涜する暴言であり、もってのほかの発言だ。弁護人があえて「ドラえもん」の話をさせたかは、被告人が発達障がい当事者であることを指摘するために用いたに過ぎない。

 井上さん、今回の判決もどきは国際法違反ですね。北京ルールズに完全に違反しているほか、精神医学を無視した呆れた代物です。
 そして、情報の集積能力を持っているはずのメディアが情報収集に欠けている事がはっきりしました。こんなメディアに私たちはもう、うんざりです。だから、インターネットに人々は移行するのです。
 また、やしきたかじんやハシゲの暴言は憎悪扇動罪にて裁かれることは言うまでもありません。ATMさんの指摘にはある程度理があるなと思います。
Commented by スプーン佐藤 at 2012-02-20 23:40 x
>ATM
たかじんは、自分で歌手ではやっていけなくなったから今の仕事をしていると言っているよ。
それも謙遜じゃなく卑下して、ね。たかじんには自覚があるんだよ。
だいたい、問題と無関係だろう。事実で反論できないからといって、それでは駄目だよ。
Commented by スプーン佐藤 at 2012-02-20 23:52 x
>半ベエ
小野哲氏が指摘するとおり、君は事件を知らない。
抱きついたら悲鳴をあげられ口や首を押さえつけたところ女性がぐったりして無抵抗となった。だから最初は犯すつもりではなかったが劣情をもよおしてしまった。
そのあと、赤ん坊が泣き出したため慌ててあやそうとして抱き上げたら落としてしまった。死んじゃったと焦って気が動転してしまいドラえもんに泣きつくノビタみたいな気持ちになった。
だから気が動転したら勃起しないと君は言うが、医学的な根拠がないのはもちろん、事件のあらすじすら知らないってことだ。もちろん報道されないことが問題の原因ではあるが。
Commented by Scheisse at 2012-02-21 00:07 x
予想した通りとはいえ、反対意見が付いたところが、唯一の救いか。
Commented by ろらん at 2012-02-21 14:02 x
光市母子殺害事件に関しては犯人は殺人を認めています。

争われたのは量刑の妥当性でしょう。この件が注目されているのは犯行時彼が未成年であったことと遺族の本村さんの「魅力的」なキャラクターにあることでしょう。

本来なら司法取引で早々に終わらせ、税金の無駄使いをやめさせるべきでした。裁判官の運営能力も問われるべきです。
Commented by ruhiginoue at 2012-02-21 16:49
 犯行を認めているけれど、それが故意か過失か、計画的か偶発的か、によって悪質さが違います。これは法律で規定されているし、一般常識でも同じです。
 それが充分に審議されず、年齢など相場から量刑が決まり、それで大きな問題はないはずでした。
 ところが、検察が「魅力的」な遺族引っ張り出し、マスメディアが面白おかしく騒いだので、これを相手にした裁判官は税金の無駄づかいと誹りを受けるのは当然としても、刑事事件で検察有利にする法改正に利用する政治的な意図もあったから最高裁が動いたことは間違いないとの指摘が法曹界では多いようです。
 他に、差し戻し以前の裁判が杜撰だったことには事情があったことは、こちらで指摘しています。

http://ruhiginoue.exblog.jp/7950145/
Commented by この事件について at 2012-02-22 18:35 x
やっとまともな見解に出会えました。
弁護側の主張ばかり批判されますが、検察側の主張も相当おかしい。
たとえば、被害者の口をなぜガムテープで塞がなければならなかったのか?
これは万一の蘇生を恐れたという説明がされているが、それだったら殺意はなかったのではないか?
それに強姦する相手を物色していてわざわざ子供がいる相手を狙ったというのもおかしい。
それだけ計画的に強姦しようとしたにもかかわらず抵抗されたからといって目的を達成する前に殺してしまおうと思ったというのも不自然。
あげればキリがないが検察側の主張も相当おかしいのに少数派の裁判官ですら検察の事実認定には疑問の余地がないとしている。
この事件は成年者が最初からまともに裁判を行っていれば無期懲役にすらならなかったような事件で死刑なんてとんでもない。
Commented by kenji at 2012-02-23 08:04 x
養子縁組をした人の名前や職業などがネットではばらされています。
一体、誰がそうした情報を流したのか。
法務省としか思えないのですが。
Commented by kenji at 2012-02-23 08:07 x
それと本村さんの結婚。
広島高裁での差し戻し控訴審の時にはすでにその女性と付き合っていたんでしょうね。
もしもその時に女性と付き合っていることが公表されていたら、本村信者でもそっぽを向く人がかなりいたように思います。
そこらへんもいい加減だなと。
Commented by ruhiginoue at 2012-02-23 22:54
 刑事被告人とその支援者の中傷がネットにあると、送信元が警察など公的機関で、追及しても裁判所が受け付けませんね。
 交通事故で子供を亡くした夫婦がマスコミと裁判に引っ張り出された事件では、めでたく夫婦にまた子供ができたらバッシングでした。気の毒な遺族を保たなかったから。
Commented by maru at 2012-02-23 23:26 x
あの夫婦に対するバッシングは酷いですね、
同じようなバッシングに日野の不倫OL放火殺人事件で子どもを失った
夫婦が新たに子どもを授かった事に対するバッシングもありますね。
本村氏の再婚祝福一色の反応に比べて、同じ被害者遺族なのに
かくも差があるのかと思わされます。
Commented by ruhiginoue at 2012-02-24 22:11
 検察を助ける役割を充分果たし終えたかどうかで、反応が違ったのでしょう。
Commented by NT at 2012-02-25 12:55 x
すみません、「交通事故で子供を亡くした夫婦」というのは東京の方でしょうか?福岡の方でしょうか?覚えがある方だと福岡の方のような感じがしますが・・・
Commented by mr.Boo! at 2012-02-25 22:06 x
福岡のほうが、3人の子供を亡くしたあと目出度くまた子供が授かったら叩かれたな。
幕がひくまえ役を降りてしまったわけだからな。
Commented by 通りすがり at 2012-03-16 23:42 x
何人か冷静に見てらっしゃる人がいるようで安心しました。
本日判決の訂正要求が却下されたそうです。
裁判員制度は庶民感覚を判決に反映させる事を目的としたものだそうですがだからと言ってマスメディアの報道によって色付けられた先入観で裁く事を是とするものではありません。法廷に立つ裁判員は庶民であると雖(いえど)もやはり冷静に調書と向き合って判決を下すべき存在であると思います。
さて乳児を床に叩きつけた所見は得られないと弁護側証人として証言したのは本来中立であるべき法医師です。また第一発見者は確かに御主人の本村さんであったとは思いますが法医師は御遺体を解剖して鑑定した唯一の存在です。
にも関わらず作成された主文には今回の最高裁にも被告の残忍さを印象付ける行為として《叩き付けた》と明記されておりました。
裁判員制度の謳う庶民感覚の導入とは主文をワイドショー化するものであってはなりません。
虚偽の事実の上に被告の印象が構築され判決されている以上この裁判は不当。
庶民的と言うには余りにも庶民的な裁判員には憤りすら感じます。
Commented by 通りすがり at 2012-03-16 23:44 x
私は法律家ではありませんしジャーナリストでもありませんので今後コメントする機会はないでしょうが小声で個人的見解を吐露しておきます。
万引きで一度補導された経験がある程度のショボい被告が主文にあるように唐突且つ大胆な犯罪なんかできません。ここまで行きつくには近所の動物殺したりマニアックな性癖に耽ったり様々なプロセスが存在します。宮崎 勤氏ですら(現在は大半がメディアの捏造であった事が明らかになっておりますが)当時沢山報道されておりました。
一方こちらの元少年はつい最近まで匿名であったのですからマスコミは書きたい放題です。であるにも関わらず事件後の今まで全く報道されて来なかった。

また安田弁護士が死刑廃止論者である事が批判されておりますが法廷は事実関係の検証の場であるべきで死刑存置論者もいる弁護団の中で弁護の方針と安田氏の信条とは無関係です。
死刑制に対する自分の信条を判決に反映させて考えてしまっているのは安田氏ではなくメディアのコメンテーターや視聴者の方である事も興味深いです。
裁判員制度で導入される庶民感覚がここまでをも法廷を蔑ろにするのであれば裁判の価値を失墜させ結果社会も国民も混乱するばかりでしょう。
Commented by 通りすがり at 2012-03-17 12:11 x
HN『通りすがり』 は先にどなたかがお使いになっていたようですね。
すいません ^^
ワタクシは初投稿でした。
Commented by ruhiginoue at 2012-03-17 17:59
 最高裁は、犯行について証拠ではなく密室で作製された調書に基づき、犯人についてワイドショーに基づき、判決しています。
 宮崎勤事件については、前にこう述べました。http://ruhiginoue.exblog.jp/11796344/
 
Commented by 許されざる者 part.Ⅱ at 2012-03-17 18:42 x
『通りすがり』の HN は破棄致します。申し訳ありませんでした。
さて法律は世の中の常識から生まれますが一旦できてしまうと今度は世の中に左右されずに運用されて行く事が好ましい事は小学生の社会科でも習う三権分立の根拠です。
にも関わらず一方の裁判員制度はその目的が庶民感覚の導入なのだから判決は常に世間の常識から影響を受けるべきだとする方が知識層にも多い事が今回のようなグロテスクな判決を招来したものと考えられます。
庶民が職業裁判官を目指す事は本末転倒とまで言われた事があります。
とは言うものの庶民感覚の導入とは即ち(法廷への)庶民の参加なのであり事件の調書を読まなくても良い訳でもワイドショーによる先入観によって被告を断罪してもよい訳でもありません。
それから被告の元少年への人格批判ですが一番大きなものが乳児を床に叩きつけたと言う虚偽の報道であり、続いて事件後に友人に宛てたとされた手紙です。報道を経由した裁判ではその一部だけ恣意的に抜粋して反省していない事への根拠としておりますがこれとてもう数年どころではない程経過しております。
果たして今頃死刑判決の根拠にする事が何に対してどう有益なのか甚だ疑問に思います。
Commented by 許されざる者 part.Ⅱ at 2012-03-17 22:49 x
宮崎 勤氏に就いてのリンク先も拝読致しました。的確の洞察であると思います。橋元氏が『いじめと言っても無視されたり机や靴がなくなっていたりと言った事は大した事ではない。』と自殺した児童をやんわりと批判してらした事を思い出します。存在の否定はこの社会では最上級ランクのいじめであり被害者には抗いがたい苦痛を与えるものである事も認知されるべきだと思います。またいじめ的な構造は軍隊内だけでなく一般社会にもよく見られる事、今回の被告に対しての世論も一種のいじめであろうと分類できるでしょう。また書かせて頂きます。
Commented by 許されざる者 part.Ⅱ at 2012-03-18 22:49 x
良く見たら Youtube で数回絡んでる方でしたね。
世間は狭いのか何なのか ^^;
ワタクシには大した教養ございませんし文章力でも敵いませんので茶々入れる事にならないよう退散致します。
ありがとうございました。
Commented by ruhiginoue at 2012-03-19 18:26
 辿って来たのではなく偶然でしたか。
 たまに訪れてみてください。
Commented by カブるからやだぃ ^^; at 2012-03-19 21:51 x
それにそっちの方が整然と論理的だし。
Youtube でもシリアスなトコに駄レス入れてしまってばかりで鬱モードですわ。
http://www.youtube.com/watch?v=piLFWdORTEI

でもたまには寄らせて貰います。
でわごきげんよう。。。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2012-02-20 20:27 | 司法 | Comments(26)