井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

光市母子殺害事件が盛り上がったわけ

 そもそも、この事件について関心をもったのは、たまたま遺族が「出演」したテレビ報道を見たことだった。
 これを見た人たちの中には、ほんとうの遺族ではなく、俳優がふんして演技しているのではないかと思ったと言う人もいた。犯罪被害者の会員に聞くと、本人には何度も会って話したりしたが、とても物静かな人で、あんなテンションとボルテージの高い人ではないとみんな言う。だから、替え玉説も出ていた。
 また、これを薬害事件の広告塔となった「被害者スター川田龍平」のような「遺族スター」だと指摘する人もいて、選挙に立候補するつもりではないかと囁かれていたのは周知のとおり。
 そうした政治的な思惑が背景にあるかどうかはともかく、それ以前に不可解であった。なぜなら光市の事件は一般的にほとんど知られておらず、それが判決後になって遺族がテレビ出演してから大騒ぎになったからだ。
 この事件には誰でもむごい印象を持つだろうが、これと同様か、それ以上にむごい事件は幾らでもある。だから、事件そのものは大した報道がされていなかった。
 ところが、ちゃんと犯人が捕まって無期懲役になったのに、死刑でないのが納得いかないとテレビで遺族が怒りをぶちまけるとは異例である。
 なにか事件があって被害者や遺族を取材し、心情を録画などで報じることは良くあり、その場合、あくまで報道する側の主張である。だから後で編集もするし、なのでカメラ目線はせずに、インタビューする人の方を見て話すようにと収録に当たり指示するものだ。
 なのに、取材によって間接的に伝えるのではなく、直接に訴えるのでは報道でなくなってしまうから報道番組の中でやるべきことではないし、特定人の意見を公共の電波で直接に訴えることは放送上の禁忌であるから、やるときは論評として区別し、当事者が出るなんてとんでもないことだ。
 こうした報道の諸原則を一切無視しているので、これは変だと感じたし、ここまで異例ならば、なんらかの働きかけがあったと疑われる。

 ただ、これだけ騒ぎになったのは、犯人が未成年者だからだ。やはり報道に疑問を感じた人たちに聞くと、だいたい同じ意見だった。
 すなわち、暴力団などがもっと凶悪な事件を起こしていて、時にはマスメディアが問題にして騒ぐけれど、まるで盛り上がらない。それは、暴力団などなんらかの力を持つ対象を糾弾すると恐いが、駄目な親をもつ子供なら本人も非力だし後ろ盾もないから安心して騒げる、ということだろう。 
 実際、光市事件が騒がれたのと同じ時期に、罪もない大学院生がゆきずりの暴力団員たちから壮絶な暴行をうけたうえで惨殺され、警察の不味い対応を含めてマスメディアが騒いだのに、世間は沈黙であった。この騒ぎと沈黙との差が実に激しく、つまりこれは、少年事件で大騒ぎした人たちのほとんどが、暴力団には目を伏せた、というわけである。
 その前には、埼玉県の桶川駅前で通学途中の女子大生が、ストーカーと化した男のヤクザな兄とその仲間たちに殺害された事件があったが、そのさいは警察とマスコミによって被害者はふしだらな女性だと嘘を流布され、だから被害に遭ったので自業自得だと誹謗された。これにより一般人の多くは、特殊な被害者だから自分とは無関係だと思って安心し、誹謗のデマを受け容れてしまったと言われている。つまり凶悪さが甚だしければ、加害者を糾弾するのではなく被害者を貶めるわけだ。
 さらにその前、足立区で女子高生が監禁集団暴行のうえ殺害され、遺体がコンクリ積めにされ捨てられた事件では、死体処分の手口から暴力団の関与が疑われ、逮捕された犯人も自分がヤクザ者だと言って被害者を脅したと証言したから世間は戦慄したが、実はヤクザのふりをした高校中退の不良少年たちだとわかり、未成年者だったとなると途端に世論は攻撃的となった。
 そして少年法に挑むと言って実名報道をすることで売りあげをのばしたのが、売るためにはなりふり構わずで知られる花田編集長時代の『週刊文春』であった。実名糾弾するにしても、暴力団ではなく少年事件なら、事務所や自宅に銃弾を撃ち込まれる心配がほとんど無い。
 この花田編集長は続いて、ナチのユダヤ人虐殺は無かったという記事で国際的な問題を起こしたり、東電からお金をもらって原発事故擁護をやっているのは周知のとおり。ヤクザじゃなく少年だったなら叩き、ナチを庇い、東電を庇う。 
 つまり、短気で気の弱い者が相手をみてキレるのと同じだ。「家庭に事情があろうと、未成年であろうと、そんなのは言い訳だ。本人の責任だ」と言うことなら、どんな臆病な人だってできる。そんな人が日本には多い。
 だから、この事件はこれだけ盛り上がったのだ。
  
人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by りょうた at 2012-02-22 15:37 x
まさにワイドショーそのものの報道でしたね。
事件が起きてから、今までずっと。
弁護人は世間から批判・罵倒を浴びせられるべき悪の存在。
死刑賛成派は正義の味方。
日本はいつからこんな幼稚なことになってしまったのか。
世間の「噂」程度の意見に司法が屈してしまったことが、今回の事件の一番の問題だと思いました。
Commented by 石畳 at 2012-02-22 19:32 x
「泣く子と地頭には勝てぬ」「上見て暮すな、下見て暮せ」の、封建時代そのままの卑屈な「処世訓」は、現代の日本人の中にも、根強く残っている。こうした事件は、まさに、日常的なフラストレーションの「ガス抜き」の役割を果たしているのではないのだろうか。「捕物時代劇」を観るような大衆感覚では、リンチ社会の歪みは見えてこない。
Commented by ななし at 2012-02-25 18:49 x
 わてからすれば、犯罪被害者とそれに同調する警察・検察・マスゴミこそ断罪されるべきである。彼らは被疑者の立場・人権を全く無視しており、警察・検察はどこか被害者を甘やかしていやしないか。わてが首相であれば、こいつらをまとめて『徴兵刑』にでも処して国の為に血を流させたいところだが…。


 わては断固として、犯罪被害者による国家権力の私物化を許さへんで!!!このところ、女子や犯罪被害者の「ナベツネ化」が瀰漫(びまん)していやしないか?
Commented by mr.Boo! at 2012-02-25 22:04 x
被害者を利用してる権力は悪徳だが、被害者が女子だからと言っているのは前に荒らしにきたベアテ白田川とかいう奴と特徴が似ているぞ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2012-02-22 00:34 | 司法 | Comments(4)