コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

日本のことかと思ったら中国だった

 【新唐人日本2011年6月28日付ニュース】
 近日、中国のネット上に五大宗教が共産党をたたえる"紅歌"を熱唱する写真が掲載され、物議を醸しています。本来ならば世俗­と縁を切ったはずの出家人が、紅歌を歌い国旗を揚げているのです。
 大陸メディアによると、四川省西昌市宗教管理局は仏教、道教、イスラム教、カトリック教、キリスト教の信者の紅歌コンテストを開催。およそ100人が宗教の服飾を身にまと­い、舞台に登場しました。
 江蘇省淮安市(わいあんし)でも政府と宗教界が紅歌コンサートを開き、13の宗教チームが参加。和尚や道士らが舞台で紅歌を熱唱しました。
 このことには、中国人も唖然としています。ネット上の書き込みを見てみましょう。"千年の宗教が紅歌を歌うとは、この世界は狂ってしまったのか。出家人がこんなことをする­なんて、狂っている。中国人はみな狂わされている。"
 また、"恥を知れ、天下一こっけいなことだ"との怒りの書き込みもありました。
 こんな嘆きもあります。"信仰のない国がどこまでいけるのか。人民に感謝されれば、人民は心から歌うはず。強要されて歌っても、弱々しく無力なだけだ。"
 "仏教、道教、イスラム教、カトリック教、キリスト教信者は、みな抑圧を恐れて紅歌を歌っているが、自虐行為だ。「忠字舞」(ちゅうじまい)を踊れと言われたら、いやとは­いえないだろう。"
 こんな皮肉りもあります。"五大宗教界人士だと?これからは娯楽界の人になれるよ。死ぬまで娯楽すればいい。""90歳の誕生日もまだなのに、5大宗教そろって法事を先に­始めたのか。"

 新唐人テレビがお伝えしました。

 新唐人テレビは、2002年にアメリカで放送を開始した初めての独立系中国語衛星テレビ放送で、中国共産党に対立するスタンスで中国国内事情の暴露報道が特徴的。

 しかし、この報道の翻訳を最初に見つけたとき、錯覚してしまった。日本のことを報道していて、東京の石原都知事と大阪の橋下知事(市長)らを批判しているのかと。
 だって、「信仰のない国がどこまでいけるのか」とか「人民に感謝されれば、人民は心から歌うはず。強要されて歌っても、弱々しく無力なだけだ」なんて、その言動から愛国心が無いこと明らかな人が国歌斉唱を強制している日本のことだとしか思えないだろう。
 中国が嫌いで、石原や橋下を支持している人たちは、どう思うのだろうか。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by 石畳 at 2012-03-18 23:34 x
「嗚呼我等日本人」的なナルシズムに浸れば浸るほど、自分達の姿が、「中国」そのものの姿に変貌していることに、石原も橋下も、彼らを無邪気に支持する人々も、恐らく気づいてはいまい。
Commented by ruhiginoue at 2012-03-19 18:29
 あと、ナベツネとハシシタの罵り合いも同じです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2012-03-16 09:49 | 国際 | Comments(2)