コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

いかがわしいジョージ=クルーニー

 アメリカの人気俳優ジョージ=クルーニーが、米上院外交委員会の公聴会でスーダンの人権状況について証言し、戦争犯罪などで国際刑事裁判所から逮捕状が出ているバシル大統領を「明らかに今世紀最悪の戦争犯罪人」と批判した。
 クルーニーは人権問題の活動に熱心であるとされ、スーダン軍と反政府勢力の戦闘が断続的に起きているスーダン南部の南コルドファン州などを訪問したり、同国大使館前での抗議活動で警官の制止に従わず逮捕されたりしている。
 しかし地政学の権威であるウィリアム=イングドール氏は「南スーダンのダルフール虐殺には証拠がまったく存在しない」「石油が出るうえ、その油田を開発して輸入しているのは中国であり、アメリカには政治的な意図があるのが明らか」と指摘している。
 すでに、中東やアフリカの情勢では資源がらみの政治的意図から、欧米が嘘を垂れ流し、これをメディアが煽って、「途上国の人権問題」に仕立て上げ、政治的軍事的介入をもくろむという図式が固定化されている。
 そこにチャールトン=ヘストンだのアーノルド=シュワルツェネガーだのといったタカ派のスターではなく、ハリウット左派とか人権派がしゃしゃり出て一役買う。そして体制に奉仕しながら良識派を気取り、大手メディアにもてはやされ、大企業のスポンサーも付き、うまくいけばアカデミー賞である。
 ジョージ=クルーニーに限らず、売れっ子となった芸人によるセレブたちの嗜みとしてのリベラルは、いつも胡散臭い。
 では「グッドナイト&グッドラック」 






人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by 石畳 at 2012-03-18 23:44 x
「ハリウッド左派」が跳梁する背景には、以下のような現実があるからではないのだろうか。

http://huzi.blog.ocn.ne.jp/darkness/2009/12/jester_eff6.html

富める者たちの「リベラリズム」こそ、あらゆる抑圧や暴力を隠蔽してきたと言えるのではないのだろうか。
Commented by ruhiginoue at 2012-03-19 18:28
 ある程度は妥協して一時的に問題を矮小化しないといけないことはあります。
 ムーア監督もハリウッドがユダヤ系のたまり場なのを意識してイスラエルは無視してます。
 ただ、偽装とかアリバイ作りとなると、話は別です。
by ruhiginoue | 2012-03-18 08:24 | 芸能 | Comments(2)