井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

従軍慰安婦問題を捏造したフジサンケイ

 従軍慰安婦問題については外交問題の一方で裁判にもなっていて、被害の事実は証拠から明らかと認定されたが、講和条約により相手国への賠償は互いに放棄との約束なので請求棄却されたという判決を、東京高裁に行ったさい見たという話は過去にしたことがある。

 ところが、この従軍慰安婦とは金で雇われた売春婦であり、そこで何か問題があったとしても、民間の業者がやったことだから、兵士が客になったからといって軍は関係ない、と主張している人たちがいるのは、周知のとおりだ。
 もともと管理売春は、金で雇われる人だけではなく、騙されたとか強要されたという被害者がよく出るもので、「従軍慰安婦」の場合、軍は国の機関だから、女衒とか遣り手婆とかヤクザと同じことを国がやった、 ということで国際・外交的責任問題になっており、それゆえ、やったのは軍ではなく民間業者なのだから、国の責任じゃないとの弁解がされたわけだ。

 そうした、慰安婦は民間業者がやったことで日本軍ではない、 というのは月刊誌『正論』が熱心に論陣を張っているが、 その「正論」誌上で、「従軍慰安婦」という国際的・外交的な問題などまだ無かった八十年代に、同誌をつくった張本人であり発行元のフジサンケイの総帥でもある鹿内信隆が連載していた自伝で、鹿内は自らの陸軍経理学校での体験として、一般的なものと違う野戦用だからと、慰安所の建物や備品についての形式や予算と一緒に日本人女性と外人女性の耐用まで要項があり、試験問題にも出たなどと語っていた。
 なのに、どうして今になって『正論』は、民間業者がやったので軍は関係ないと熱心に説くのか。 他の人ならともかく、鹿内信隆だ。雑誌のバックナンバーは大屋文庫にも国会図書館にもあるから、確認できる。
 今の『正論』の主張だと、民間でやったことに軍が関与していたとして日本国を誹謗する「陰謀」であるとか、歴史的に無用あるいは過剰な反省をする「自虐史観」であるとして厳しく非難し、「従軍慰安婦問題は捏造だ」ということなのだが、ではその捏造犯人は、主犯が鹿内信隆で、共犯が『正論』ということになる。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by masagata2004 at 2012-04-14 18:38
中曽根さんも、娯楽施設をつくるため女を集めたと言っていましたね。やはり政治問題になるとまずいということで隠すんでしょうね。
Commented by 黒的九月 at 2012-04-15 20:52 x
「いま明かす戦後秘史」(サンケイ出版)て単行本でも同じ話出てますね。これは正論の連載を纏めた物かな?もう絶版になってますけど。
Commented by ruhiginoue at 2012-04-17 22:08
 産經は、新聞は縮刷版を発行しないし、本はすぐ絶版です。
 鹿内の自伝は「泥まみれの自画像」など「泥まみれの○◯」というシリーズでした。自慢話を苦労話にすり替えるなと週刊文春に批判されたこともありました。
Commented by ケーキイーター at 2012-06-18 22:31 x
出版社じゃなくて、失版社ですか。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2012-04-13 16:31 | 国際 | Comments(4)