コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

京都18歳少年の無免許運転事故

 京都18歳少年の無免許運転事故で、搬送先の救急センターがブログに「マスコミが霊安室前にカメラをかまえ家族を無断で撮影」という非難を載せたそうだ。
 これについて言えることは、まず、そのような傍若無人な取材をする者はよくいるから、事実である可能性はあり、しかし、一方の言い分であるから鵜呑みにしては駄目だし、しかも、もともと医療関係者は、不祥事を騒がれるなどで神経質になっているから、基本的に報道関係者を敵視しているので、なおさら検証抜きで信じてはいけない、ということだ。
 一方この事故では、一部の報道が、警察も捜査中で事実関係が詳しくわかっていない段階なのに、事故を起こした自動車に乗っていた者が現場で平然として携帯電話で話していたと非難めいた内容を伝えていた。
 これは内容的にも疑わしい。自分が乗った自動車が事故を起こした直後にそう平然としていられるはずがなく、まるで動揺しないというのは不自然だ。また事故があったさい不安を訴えたり相談したりするため現場から携帯で通話している人の姿は、よく見ることだ。
 つまり、救急搬送センターの一部マスコミに対する非難も、一部マスコミの事故当事者への非難も、相手側の言い分を聞かない一方的なものだ。前にも指摘したことだが、対立する関係者がいたら、双方の言い分を紹介して比較検討できるようでないと、情報を伝えたとか得られたとか言うことにならない。
 ところが、内容をよく見聞きして知ろうとせず、相変わらずの型にはまった反応をする人たちが、ツィターなどネット上に多く見受けられる。報道関係者に苦情があったとなると「マスゴミー!」と喚き、そんな「マスゴミ」のずさんな報道に乗せられて、事件に未成年者が関わっていたというだけで「少年法はいらなーい!」と喚く。
 これは本当に情けない。こういう問題について、前に元サッカー選手の中田氏が自分のウェッブサイトで「みんな自分を持って欲しい」言っていたが、まさにそのとおりである。

  
 
人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by 小野哲 at 2012-04-25 00:00 x
 お久しぶりです。
 ブラウザーを変更しました関係で久々のコメントです。今回の交通事故の報道を見てくるとうんざりです。被害者に被害者らしく振舞えと強要しているかのようです。
 さらに産経新聞ではお決まりの憎悪暴言。被疑者なのにそんなことはないでしょう。起訴されるまではせめて中立であるべきじゃないでしょうか。そんな彼らはクレームがおきたら「触らぬ神にたたりなし」という対応です。それでは、問題は解決できないのです。
 最後にこの事故で犠牲になった方々に冥福を祈ると同時に被害者の一日も早い心身共の回復を祈る次第です。
Commented by ruhiginoue at 2012-04-25 18:43
 同乗していた人たちは運転者が無免許だと知っていたかどうかなどがまず問題なのに、携帯通話など事故後の態度についての印象を語るなどするのでは、まじめな報道ではありませんね。
 救命センターも、三大紙だと名指しておいて、そこから抗議を受けたら他の記者だったかもしれないと訂正してますが、三大紙側の話を取らずに鵜呑みにして騒いだ人たちの行為は、結果として事実がどうだったかとは無関係に、軽率の誹りを受けるものです。
 
by ruhiginoue | 2012-04-24 18:46 | 社会 | Comments(2)