コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

小沢一郎氏と自分の裁判の違い

 小沢一郎氏に無罪判決となったが、これによって強制起訴について色々と言われている。
 これまでに本件も含めて二例とも、問題があったことは間違いない。
 しかしたった二例によって、制度そのものを否定するわけにはいかない。制度それ自体ではなく、その運用に問題があるのかもしれないし、考え方は良くても実践してみると課題があることが判ることもあり、どんなことも反復することで上達とか向上とかいうことになっていくものである。
 もちろん小沢一郎という政治家を、どう評価するかは別に問題となる。例えばなにより本件のように、そもそも政治家とは政策などとは別のところで何億円も動かすものなのかという根源的な疑問。
 ところで、ちょうど自分の裁判の手続きがあったのだが、これは杉山功郎という弁護士が法廷で虚偽を述べたことを訴えたもので、東京地裁の堂薗幹一郎裁判官が、法廷で起きたことなのに弁護士会内部で起きたことにしてしまい、弁護士会内部のことだから裁判所は判断しないという、故意の事実誤認により逃がしたことに対する控訴である。
 この問題の弁護士と裁判官は仕事で馴れ合いしていたから、という指摘もあるが、この件により、ますます杉山功郎弁護士の危険な体質が明らかになったと言えるだろう。
 これについて控訴ではどんな反応があるか、楽しみである。
 そのなかで、東京高裁からわざわざ特別送達で通知があったのだが、指定されたとおり郵便切手を予納しておいたのに、それでは1040円不足なので追加して納めろというもの。
 これは不可解だから、不明な点は問い合わるようにと書記官室の番号が記載されてるので、そこで担当書記官に尋ねたところ、この連絡をするため特別送達の費用1040円を使ったからという回答。
 バカじゃないかと思ったが、このさい「期日呼び出し状」を同封したので、これは大切な通知だから「特別送達」にしたと言う。しかし、これまで当事者双方が都合がつく日について裁判所からファックスで問い合わせがあり、フアックスで返答していたのだから、普通はその回答に基づいて裁判所で日時を決めると、ファックスで当事者双方に連絡し、連絡を受けたことを確認のため「期日請け書」を当事者が裁判所にファックスで返送するものである。返送が無ければ、届いたか電話で問い合わせられる。これなら簡単かつ確実な上はるかに迅速で安価である。
 なのに、通例に反して、必要も無いのに、よけいに手間と時間がかかるうえ送料が高額な特別送達を利用してしまった。そして、指定されたとおり納めていたのに、これで足りなくなったからその分を追加して納付しろ、という連絡事務を同封したということだ。
 こちらから指摘を受けて、不手際に気づいた書記官は「あーっ」と言って明らかに「しまった」と言う様子であったが、謝りはしなかった。違法行為ではないし、公務員は個人責任を持たない。
 たいした金額ではないが、しかし1040円あったら裁判所の地下の不味い食堂(これは弁護士がよく言うこと)ではなく、少し足せば隣にある弁護士会館の地下で和食か中華に出来る。
 やれやれ小沢一郎氏と比べるとケチな金額だが、役人が市民から納められたものをうっかり無駄遣いしてしまって責任無し、ということに、むしろ不愉快であった。

 
人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by ケーキイーター at 2012-04-26 21:33 x
無罪じゃなくて、無財。(えーと。単に言ってみたかったの。)
Commented by 村石太レディ&スカイ at 2012-04-28 16:03 x
裁判とは どんなものなのかなぁ
時間とお金と~
はじめまして。今日は 暖かな日ですね。ゴールデン ウィークですね。行楽日和です。
一度 裁判沙汰にされた 国会議員を 国民はどんな感じで 受け止めているのだろうか?
小沢さんは 無罪となる。
この場合も 指揮権発動が 適用できたのだろうか?
長い時間において 信用を なくしていた。
次期 総理と噂された 小沢さん お金を たくさん 持っているナァ。政治家が活動維持していくのに いくら必要なのかなぁ?政治献金というのは 募金かなぁ?
消費税増税反対の小沢さん この件は どうなるのだろうか?政治研究会(名前検討中
Commented by ruhiginoue at 2012-04-28 19:47
 裁判は工夫して安くできる方法が色々とあるのです。だから切手の無駄遣いもされては困るのです。
 
 政治的な問題として追及されることと、犯罪として司法で裁かれることとでは、次元が異なるのに、混濁していないかという問題があります。

 この件で鈴木宗男氏がテレビでよく発言しているから期待しないで見たけれど、やはりどうしても自己弁護に誘導するからハズレでした。
Commented by masagata2004 at 2012-05-03 14:50
裁判所って平日や夜間は開いてないのですよね。それに弁護士費用とかかかるんですよね。どうやってすればいいのか。最近、リーガルハイなんてドラマ見ていますが、実際はどうなんでしょう。一番のコストは精神的なコストでしょうね。どんな悪者でも法廷で対立なんて気分いいものではありません。
Commented at 2012-05-03 14:51
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ruhiginoue at 2012-05-04 00:47
 裁判所には「当直」が居て、全体は閉まっていても提出物の受け取りなどは毎日24時間の対応をしています。法律には「◎日以内の不変期間」という規定がよくあるので、その文言とおりにすると日付が変わる23時59分59秒迄となるからです。
 開廷のときは平日だけですが、出向くのは月に一度くらいだし、本人が行かず弁護士に頼みっぱなしもできます。
 弁護士は、刑事だと国選があるし、民事なら付けないで本人だけか、司法書士に書類だけ作成してもらい、法廷では本人が話すという方法があります。司法書士に傍聴席にいてもらうこともできます。
 なにより精神的にきついのだけど、それを楽しんでやることだとゲーリー=スペンス弁護士が言ってました。もちろん彼だってシルクウッド事件のときは大変だったはずです。

 非公開コメントについて。
 連絡は付属ホームページの表紙か、その掲示板にある、どちらかのメールアドレスへお願いします。
Commented by ruhiginoue at 2012-05-04 12:56
ホムーページはこちら。http://www4.point.ne.jp/ruhig/index_001.htm

「名刺」の機能が無くなってここからのリンクも無くなっていました。
Commented by ruhiginoue at 2012-05-09 06:08
ruhiginoue@mail.goo.ne.jp
または
varesesaravande2@infoseek.jp

ご連絡おまちしております。
by ruhiginoue | 2012-04-26 20:15 | 司法 | Comments(8)