コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

昔から言われていたこと

 近所の書店に行って、本を購入した。
 そのさい、並んでいる中に田母神とかいう元航空自衛隊の頂点に居て舌禍事件を起こしたのを売りにする男の本があった。無名の出版社で、地味というより洗練されていない装丁だった。
 この人はまだ批評家のような活動をしているようで、今月号の月刊『紙の爆弾』によると、マスコミには出なくなりつつあり講演で稼いでいるらしい。
 よく言われることだが、彼のタカ派ぶった意見と主張は軍事や外交の観点からすると非現実的すぎる。これがただの批評家なら受け狙いだけしてるということで済むが、こんな感覚の人が自衛隊の要職に居られたということに呆れてしまう。
 こんな人については、防衛大の校長だった猪木正道が昔から問題にしてこう指摘していた。
 「空想的軍国主義は、空想的平和主義に劣らず危険である」


 人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2012-05-12 19:08 | 雑感 | Comments(0)