コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

批判のためにする批判の記号としての『朝日』 其の二

 昭和天皇がA級戦犯合祀で気を悪くし、それから靖国参拝をしなくなったと述べていた。そのように側近が記録していたと『日経新聞』が一面トップで報じ、ちょうど総理の参拝で議論になっていたことから、たいへんな騒ぎとなった。
 これを否定しようとネトウヨが「朝日の捏造」と言っており実に滑稽だが、こうなるのは『朝日』が、批判のためにする批判の記号となっているからで、マスコミの代表のように勝手な持ち上げと買いかぶりがされていることなど、いくつか原因が考えられる。
 そして、同様の話は他にもいろいろあり、しかも匿名の愚か過ぎるネトウヨだけでなく、雑誌などで実名出して同じ発言をする愚か者の恥知らずがいるとの話を、先日した。
 他にもいろいろあるとは、例えば、これは前に述べたが、「従軍慰安婦」は朝日の捏造だという人がいるけど、そんな言葉が外交問題になるより何年も前に、フジサンケイグループの総帥だった鹿内信隆が、軍の直接関与を体験から述べていて、それが『正論』に掲載されていた。
 また、戦争中に中国で日本兵が軍刀による「百人斬り競争」をしたとの話を、これまた『朝日』が捏造したというけど、これは『毎日新聞』が、当時に兵士から武勇伝のように語られたことを記事にしたもので、それを後にある中国人が、戦果ではなく殺人の数を競うことを平然と記事にしていたとして問題にしたので、その記事はこれだと『朝日』が『毎日』と明記して引用したのだった。
 さらに呆れるのが、「南京事件」は『朝日』の捏造というもので、言うまでもなくこれは東京裁判で問題にされたことであり、責任者は有罪となり処刑されているのだから、これを捏造と主張するのなら同裁判の原告側である戦勝国のアメリカと中国による、というべきだ。
 このようなネトウヨのお粗末よりみっともないのは、マスコミや集会など公式の場で堂々と実名さらしてネトウヨと同じ程度の発言をすることだ。東京裁判について言うと、昭和から平成に入ったばかりの89年に、文芸春秋社発行の『諸君!』という右派誌として最もボルテージが高かった月刊誌上で、当時上智大学教授のちに名誉教授の渡部昇一という人が、敗戦時に日本の庶民は天皇に戦争責任があるとはまるで考えておらず、なのに東京裁判などに影響され、それを日教組や新聞が浸透させたと書いていた。
 これまた説明するのもアホらしいのだが、東京裁判は天皇に戦争責任が無いという結論だった。天皇は被告になっていないし、責任は東條首相にあるということだった。
 そのように結論へ誘導しており、それはマッカーサーが日本の占領政策と防共に天皇を利用するため温存したいとの意向を持っていたからで、不公正な裁判だった。そう左翼その他の反天皇の立場をとる人が東京裁判を批判するならともかく、逆に戦争責任で天皇を擁護するさい、責任ありと言う国民意識に東京裁判が影響しているというのは滑稽だ。
 こんなことを平気で書いてしまう大学のセンセイ、そして掲載してしまう大手出版社の雑誌、これは匿名のネトウヨが無責任にデタラメを書くのとは次元が違う、ある意味ではとても深刻な問題である。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2012-05-13 11:51 | 社会 | Comments(0)