コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

柳沢厚生労働大臣を批判しておいて小宮山厚生労働大臣は

 小宮山洋子厚生労働相は、野党だった当時、自民党の柳沢厚生労働大臣が少子化問題で「女性は子供を産む機械」と発言したことについて、女性が子供を産まないのは安心して子育てできないからであると指摘したうえで、その対策を怠り女性が怠けているように言うのは厚生労働大臣として無責任だと厳しく批判していた。これはまだ記憶に新しいことだ。
 それでいて、自分が厚生労働大臣になったら、衆院社会保障と税の一体改革特別委員会で、生活保護費の支給水準引き下げを検討する考えと、その受給開始後に親族が扶養できると判明した場合は積極的に返還を求める意向を示した。
 これは消費税増や年金額の切り下げなど、国民に痛みを強いる改革を進めているため、生活保護も聖域視せず、削減する必要があると判断したとみられている。
 しかし年金がもらえない高齢者の多さから生活保護が増大しているのだし、高齢化社会の福祉財源であるはずの消費税率を上げたうえで福祉を低下させるというのだから、もう無茶苦茶としか言いようが無い。
 また、例のお笑い芸人が、売れなくて収入が乏しく困っていたとき母親が病気で倒れ生活保護を受けてたのち、売れて平均の何倍もの収入になってもなかなか自分で扶養しようとせず福祉の世話とさせていた問題に便乗しているのではないかという批判もある。
 それに、芸能人としては売れてきても先の保証が無い不安があったという弁解も、もっともである。特に芸能人がそうであるけれど、では勤め人になれば安定と言えるかというと、それはとうに過去の話だ。今は雇用も社会保障も無いか不安を抱えたままで働いても低賃金という人が増え、そうした負け組がほんらい最底辺のはずの生活保護を妬むという、悲惨すぎて滑稽な状態である。
 自分が不安だから、社会や他人はもちろん家族でさえ思いやるゆとりがないのだ。子供が産みたくても安心して育てられないというのと同根である。それをどう考えているのだろうか。柳沢厚生労働大臣を厳しく追及して今では自分が厚生労働大臣となり、下品な喩え話をしてないだけで実質は同じ発想で政策を進めようとしている自分が情けなくないのだろうか。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by りょうた at 2012-05-26 00:40 x
河本さん自身が不正受給疑惑があるならまだしも、受給していたのは河本さんの母親。
少し名の売れてる芸人の母親ならプライバシーがないのか?と思えるほど酷い騒ぎですね。
謝罪会見なんて必要なんですかね?
しかし、片山さつきとかいう醜い自称愛国者がそうさせたらしいですね。個人の吊るし上げで人気を取ろうとするとは本当に醜い女だ。
Commented by ruhiginoue at 2012-05-26 22:52
 片山議員は宮台氏が批判してましたね。
 ヒットラー型煽動政治家は、最近では自民党の女性に目立ちます。
Commented by 白田川 一 at 2012-05-29 22:12 x
 所詮、女子の議員で碌な人間が居ないということなのだろう。女子のヒットラー型扇動政治家というならば、小宮山氏以外にもまだまだ居る。そういうのは大抵「矯風会」という名の悪辣フェミ組織とのつながりのある人物ということだったりする。そういう連中をどんどん、引き回しの上で硫酸漬けの刑にでも処しておくべきだろう。もしくは、徴兵刑に処すのもいい。
Commented by ruhiginoue at 2012-05-29 22:19
 そうでしょうか。
 こうした保守系の女性議員たちは、女性は自己主張せず控えめに、と言ってますが。
 弱いものいじめするときは、ものすごく吼えるけど。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2012-05-25 19:37 | 政治 | Comments(4)