井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

「次長課長」の姓と出身地

 例の騒動だが、所属芸人にテレビ局が支給した交通費までピンハネするなどあこぎで有名な吉本興業のことだから、芸人を窮乏させて生活保護を受けさせたうえ、もしかするとその生活保護からもピンハネしていたのではないかと、もう噂されている。
 ところで、その渦中の芸人の姓と出身地が気になるという指摘もある。その母親がいる土地では、橋下というのと同様に、貧しく差別や偏見を受ける地域に多い姓だからだ。
 もしかしたら、そうした地域から芸人として身をたてようとして、まだ売れない時期に母親が病気で倒れ、世話ができないので福祉事務所と相談して生活保護を受けることにし、売れてきたら少しずつ仕送りし、それを増やし、今では売れっ子となり平均の何倍も収入が得られているので母親が辞退した、ということなのかもしれない。
 それを、もう収入の問題がなくなった時期に、芸能人は不安定なことから対応をためらっていたため、不適切な時期が生じてしまい、そこを突つかれ騒がれたと考えることができる。
 そうでなくても、芸で身を立ててきた、あまり恵まれているとは言えない人であることは間違いなく、なのに、運よく恵まれていた苦労を知らない議員先生が、政治的に利用しようとしたことだけは間違いない。
 だからあるお笑い系の芸能人が「芸人を虐めてよろこぶセレブ議員」とツィターで皮肉ったし、「政治家が制度の問題を論じるさい個人をつるし上げて利用するべきでない」という主張と賛同が出ている。
 そうしてみると片山さつき議員は、出身が経済的に恵まれていたことと、育ちが良いことは、まったく異なるという証明をしたようなものだ。もともとセレブという言葉には、他人と比較して見下したり優越感を覚えたりするような響きがある。
 いうまでもなく、事が貧困と個人の尊厳やプライバシーに属しているのだから、追及するにしてもまずは詳しい事情を調べて確認しないといけないのに、それを片山議員は怠り、むやみに騒ぎ立てた。そして当事者を傷つけ社会を険悪にしてしまった。政治家失格である。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2012-05-29 21:58 | 社会 | Comments(0)