井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

土日P元被告は権力犯罪被害者を嘲笑し北朝鮮拉致容疑者は支援

 前に問題とした土日P事件元被告の非常識というより異常さについてだが、この元被告は現在、「よど号事件」に関与した人たちが北朝鮮による拉致事件にも関与した疑いで逮捕状を出されたため日本に帰国できないことで、国家賠償請求訴訟を起こす運動を熱心に支援している。
 もちろん、ハイジャックで北朝鮮に行き政治的活動をした人たちや、その周囲の人たちでも、拉致事件に関わったかどうかは個別に確認しなければならないし、そのうえで、明らかに無関係である人までが相当の根拠がなく疑いをかけられたなら、それはそれで問題にするべきだろう。
 ただ、いわゆる極左の立場をとる人たちが、このような特殊に政治的な問題では熱心である一方、先に指摘したように、特殊に政治的ではない一般人が権力犯罪の被害に遭ったことを嘲り笑い悦に入る態度をとり続けていれば、一般的な支持を得られるはずがない。
 そして実際に、社会に関心を持った普通の市民たちが、例えば気の毒な冤罪被害者を助けたいと考え、運動に関与しようと思っても、そこでは極左の人たちが、公安事件で同類項の人たちだけを支援していて、それ以外は見下して笑っているという、そんな運動の実態を目の当たりにして、落胆して離れてしまっている。
 さらに、増税の影に隠れきちんと議論されず国会で強行されてしまった違法ダウンロードの問題など、普通の人が恣意的な法運営により突然犯罪者にされる不安に対して、反対する議員や弁護士の諸団体から批判の声があがっているが、そうした社会的な関心が盛り上がることを妨害してしまうだろうし、現に妨害している。
 ただでさえ、みんな不安を抱いているのに、そこへ、普段から極端で非常識な人たちばかりが騒いでいるものだから、なんとか安心したがっている多くの人たちは、一部の特殊な人たちだけの問題であり、自分は関係ないと信じ込もうとする。
 これは本当に深刻な問題である。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2012-06-21 20:26 | 社会 | Comments(0)