「ほっ」と。キャンペーン

コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

狛江市の矢野市長の退任と次市長

 狛江市の矢野裕市長が、任期を終えた。
 彼の頭は16年前と違い真っ白だった。その白髪は歳につれて、ではなく、就任直後に一気にであった。それだけ苦労して務めた、稀に見る立派な市長であった。
 しかし狛江市民が共産党から借りていた人材だったので、返す時が来たのだった。
 もし政治家を続けるなら、共産党の比例名簿で上位に入れて国政で活躍して欲しい。かつて旧社会党が、横浜の名物市長を委員長にしたけれど、今後は共産党がどうするのか。共産党が立ち直れないと復活待望論が沸いてくると言われている。しかし政治家を続けさせるなら国政に転じさせるべきだ。でないと共産党にとってもったいない。
 また、狛江市にとっては長期政権の弊害が現れている。だから矢野市長の功罪について最たるものは次のことだ。
 功は選挙に強くて腐敗した保守を押さえられたこと。
 罪は選挙に強すぎて共産党を驕らせてしまったこと。
 そして縁故政治を始めたことなどを、当方は批判してきた。厳しすぎると言われもしたが、これでも手加減したつもりだ。

 さて後継候補は破れたとはいえ、かなりの得票であった。組織力資金力で劣るのに接戦に持ち込めたのは、矢野市長の応援を受けて、その市政の継続を訴えたためだろう。
 これに応えた有権者がそれだけ多く居たことを考慮して、新市長は政策に当たるべきである。少なくとも「失われた16年」などと言ったことは撤回するべきだ。そうでないと多くの有権者に失礼である。
 かつて矢野氏に破れた有力候補は、選挙後に「当選おめでとうございます。しかし私も◎%の得票を得ているのだから、それ相当の有権者に私の政策は支持されたのです。それを考慮したうえで職務を遂行してください」と矢野氏に言いに来たそうだ。
 これは相手とその支持者への礼儀および自分を支持した人への責任であり、だから選挙の当選者と落選した有力候補者の間での習慣になっている。
 だけど、後の選挙のある有力な(石原都知事の応援まで受けた)候補者は、そのような挨拶に来なかったと聞いた。
 しかし、その人とは違って田辺氏は、矢野市長の後継者ということだったのだから、新市長となる人のところへちゃんと挨拶に行ったうえで、自分に投票してくれた人たちへの責任を果たしたのではないかと思う。(してなかったら、羽交い締めにしてでもさせるべきだ)そのうえで、市民は新市長の政策に向き合うことだろう。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by ruhiginoue at 2012-07-14 01:25
 どうせ削除されるだろう、というコメントがあり、ご要望にお答えして削除しました。

 ただし馬鹿げた為にする批判は反論しておきます。

>市長自らが宣伝カーに乗って応援演説する姿に心ある市民は批判的

 そういう批判は、もともと敵対した党派とその支持者によるもので、そういう人たちからすると、同類こそ心ある市民ということだから、意味の無い話です。
 少なくとも、今まで支持してきた人からも批判が起きた、というのでないと、それを言う意味がありませんよね。
by ruhiginoue | 2012-07-11 19:06 | 政治 | Comments(1)