コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

銀座ファースト法律事務所長をまた訴えたいが

 昨年、「銀座ファースト法律事務所」の所長田中清弁護士は、業務態度の悪さと費用の高額さと敗訴の結果という不満を、依頼人だったという者からインターネット上で暴露されていた。
 そこには同事務所の内部事情まで含めて具体的に書かれてあった。
 すると、同事務所はホームページ上で、その話は嘘であり名誉毀損と業務妨害だと非難した。
 さらに、根拠も無く、その犯人のように前に訴訟で対立した相手の実名を挙げた。
 このため弁護士会に懲戒請求されると、東京弁護士会はなんだかんだと屁理屈をつけて懲戒しなかったけれど、しかし懲戒請求のとおり同事務所のホームページは誤解させる記述をしているとは認めたのだった。
 ところが名誉毀損で訴えられた途端に銀座ファースト法律事務所は、当該ホームページの記述を微妙に異なる構成と文章に書き換えてしまい、それを受けて裁判所は、最初から書き換えたもののように書くつもりだったようだから訴えとは違うという非常識すぎる判決であった。
 この裁判で銀座ファースト法律事務所は、事務所のホームページに、中傷誹謗を受けたとは書いたが、誰からとは書いていないと抗弁した。しかし、文中に誰とは書いていないが、その文がある場所に「井上静事件」と書かれていて、ソースを見るとその部分は< t i t t l e >と< / t i t t l e > との間に挟まれていて、明らかに文の題名になっている。これでよくも、文中には主語が無いから誰のことかまでは書いてないと抗弁できたものだ。
 このように、データまで表示して徹底的に追及したのだが、そこで逃げられないとなったら、後から書き換えたものをもって前からこう書くつもりだったと「伺える」という非常識を裁判官が判決文に書いたのだった。これで通用するなら、週刊誌など大喜びだろう。
 信じられないと言う方もいるだろうが、それなら判決文をお見せするので、ぜひ読んで頂きたい。
 この裁判で田中清弁護士は、まともな抗弁を一切せず、ひたすら自分が元高裁判事で退官後も政府筋の仕事を請け負っていると強調した。これが効いたのだろう。
 また田中清弁護士は、その経歴のためか、お上にもの申す市民に敵意を抱く性質のようで、この同類が現役裁判官にもいて、あるいは同類ではないが、それに抗すことができない裁判官も少なくないということだ。我が国の司法は本当に情けない状態である。
 そこであきらめてしまっては何ごとも進歩しないから、また銀座ファースト法律事務所を訴えようと考えているが、また訴えられた途端に書き換えて裁判官によろしくという手口を使われては無駄なので、それを封じる方法をいくつか検討しているところだ。
 これについて、何かいい考えがあったら非表示コメントで教えて欲しい。前はこれで教えてもらった方法で、敵に致命傷ではないが痛打を与えることができて感謝している。
 
人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2012-07-27 18:26 | 司法 | Comments(0)