コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

デヴィ婦人と橋下市長は発想が同じ

 学校のイジメについて、被害者が転校を余儀なくされるのはおかしいという橋下市長の発言はもっともだが、だから逆に加害者を転校させて特に教育する学校を作るべきだというのは間違っている。
 だいたいイジメは多数で少数あるいは一人を集中攻撃するものだから、被害者の転校は少数派が居なくなるのが手っ取り早いというだけのことだ。
 なのに、多数派である加害者を、時には教室のほとんど全員がイジメに加担している場合もあるのに、どうやって転校させるのか。とても現実的とはいえない。
 また、集団の中でイジメが起きる構造から目を逸らし、たまたま発覚した加害者個人の資質にのみ原因を求めようとする発想であるから、問題を矮小化してしまう。
 これと同じ発想をしているのがデヴィ婦人で、無関係の人を加害者の親と誤解させる写真をブログに掲載して訴えられたのはもう論外だが、日本を良くしたいからイジメを無くそうというのは結構だけど、それにもかかわらず日本の社会の持つ構造を考察せず、たまたま悪さが発覚してしまった要領の悪い悪ガキとその親を晒し者にして吊るし上げて、ほんとうにイジメが無くなると信じているようだから、この程度の見識しか持つことができなかったことに同情を禁じえない。
 もちろん、「ホットスポット」には要注意だけど、しかし原発の開いた穴が未だふさがっていないことを忘れては駄目だろう。これと同じことだ。
 そして、子供の社会で起きていることは、大人の社会の反映だ。今回問題になったタバコの火で負傷させる「根性焼き」だって、そもそも体罰を「お灸をすえる」と表現するように、本来は健康と治療のための行為を身体的な危害と苦痛を与えるものに悪用しながら悪いと思っていない伝統があるうえで起きたことである。だから児童虐待で「しつけ」が言い訳の常套句なのだ。暴行ではなく体罰だのシゴキだのと言う人が多いのだ。
 また、イジメの被害者が退学するよう言われてしまう学校の対応と、自衛隊内のイジメ問題で被害者に退職を強いた組織の対応とは酷似しているし、そのことを被害者が国家賠償請求訴訟としたら、その支援をはじめた「人権擁護団体」の中にもイジメがあり、そんなことをやっている人の多くは左翼だが、それを問題にして、人権擁護運動の中でイジメなんてもっての他だ、と言った人のほうが運動からパージされてしまう実態がある。
 こういう社会全体の中で起きているイジメ問題なのに、たまたま実行犯として挙げられた人だけ責めても駄目に決まっているだろう。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by とおりすがり at 2012-08-10 21:03 x
もっと道義的な問題やろう。

一部でもゲスないじめをしたやつを島流しにして何が悪いゆうんじゃ。
Commented by ruhiginoue at 2012-08-10 22:38
 一部じゃないから現実的な対応ではないと書いてますが。
Commented by 通りすがる者 at 2012-08-14 13:58 x
 人権擁護団体の中でもイジメがあるということは、婦人団体の内部で方針・主旨に反する分子を執拗に攻撃したりするということもあるということなのだろうか。日共みたいに・・・。まるで、【査問】さながらだな。
by ruhiginoue | 2012-08-08 19:20 | 社会 | Comments(3)