井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

8月15日は終戦の日ではない

 これは前に述べたことだが、日本では8月15日を「終戦記念日」と言っているけれど間違いだという指摘がある。
 「戦に負けて占領されて、終戦なんぞとバカを言い」
 黒澤明監督の映画『まあだだよ』で、内田百聞がそう唱って弟子たちを爆笑させるが、師弟の会合で「あまだかい」「まあただよ」と大騒ぎしているのを、何事かと占領軍の米兵がのぞいていた。
 こう皮肉られるとおり、負けたのが悔しいからもあるし、あるいは、とっくに負けているのに長引かせて悲惨なことになってしまったから、やっと終わってくれたという思いもあるだろう。また、戦争責任をうやむやにしたいとの思いも。
 しかし、そのような心情によるものではなく、政治的な形式と歴史的な事実から、8月15日は終戦記念日とは言えず、だから違うとの指摘がされてきたのだ。
 8月15日は、日本が負けを認める決定をしたと発表した日である。それで日本としては敗戦することになったが、戦争とは相手があるものだから、一方の宣言があるだけではまだ終戦しておらず、実際に8月中にはアメリカ軍との間で散発的な戦闘が何度か起きているし、樺太方面ではソ連軍から攻撃されていた。
 そして、9月2日にあの米軍艦ミズリー号の甲板上で、日本は、宣戦布告して開戦したアメリカに対して降伏するとの文章を取り交わし、これにより戦争当事国双方が、終戦を確認したのだった。
 だから、韓国は、日本が負けてくれたから助かったということで8月15日を光復節という記念日にしており、戦勝国である中国は、9月2日を対日戦勝記念日としている。
 ということなので、8月15日は「敗戦記念日」であり、「終戦記念日」は9月2日である。そして、戦争で非業の死を遂げた人たちを、犠牲者として千鳥ヶ淵墓地などで追悼するのは敗戦記念日の8月15日で相応しいが、靖国神社などで戦争の英雄として讃えるのであれば、英雄と敗戦は似つかわしくないから、これまで8月15日に靖国参拝してきた人たちの考えに沿わせるならば、本当の終戦記念日9月2日にやるべきだ。
 そうしないのは、もちろん、深く考えていないからだろう。細かいことはいいんだと言う人もいるだろうが、それは在野の人たちが任意でやるときだから許されるのであって、政治家それも政府の中心たる閣僚たちは、外交文章がいつどう取り交わされたかなどに無頓着であってはならない。そのこだわりがないから、その後も外交でも内政でも、ずさんなことになってしまうのだ。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2012-08-15 16:34 | 政治 | Comments(0)