コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

そんな弁護士は橋下だけではない

 よく、橋下徹は「弁護士だった癖に」と言われる。
 最近では、従軍慰安婦問題で、相変わらず時勢に迎合して話題作りしたいとの意図なのだろうが、その発言から、証言では証拠にならないと彼は思ってるのが判る。
 いうまでもないはずのことだが、被害者の証言と加害者側の証言、第三者の証言、そのときの背景、などと一致していれば信用できるので決定的な証拠になるものだ。
 むしろ、解釈の仕様がいくらでもある半端な物証より強い。
 これを従軍慰安婦で言えば、 韓国その他の国々の被害者と自称する女性たちの証言は、その人数が多く地域も国も違うのに、内容的に一致しているうえ、日本側からの従軍した兵や軍医の証言とか、彼らが付けた記録とも一致しているから、信用に足ると判断できるわけだ。
 ここまで厚みがある証言なら、刑事裁判でも充分通用する。

 ところが、証言はまったく証拠にならないと言う弁護士は時々見かける。前に裁判所で、弁護士が証拠にならないと言うのに対し、裁判長が「これだって立派な証拠ですよ」と指摘していたのを傍聴席から見たことがある。
 これは、敵の側の弁護士が、相手側の証言を否定しようとして言ったのではなく、自分の依頼人の証言についてのことだった。なぜかというと、証言を証拠とするなら、その内容が信用できるかどうか問題となるので、検証しなければならなくなる。それが面倒臭いということだった。
 そんなやる気のない弁護をする者がいるかと驚くが、特に珍しいことではない。勝ちに行く気がないので、成功報酬は期待せず、先にもらった着手金だけが儲けだから、あとはなるべく手抜きしようということだ。
 そんな態度に付合わされたくないので、共犯者にされたくない裁判官がアリバイ作りにいちおう指摘しておく、ということだ。
 だから、もしかしたら橋下も、そういうことをやっていた弁護士だったのではないかと感じる。
 また、そんな弁護士に依頼しないよう、みんな気をつけてほしい。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by masagata2004 at 2012-09-01 12:31
弁護士って儲かるんですかね。
Commented by ruhiginoue at 2012-09-01 15:35
 裁判所前で見ていると、多くの弁護士たちが地下鉄から重そうな鞄を持ってやってくる一方で、大企業とか大病院に雇われた大手弁護士法人のみなさんは、ワックスでピッカピカの高級車で乗りつけ立派なスーツを身にまとい得意満面に降りてきますが、このような人たちはおそらく儲かっているのでしょう。

 実話映画『エリンブロコビッチ』では、ジュリア=ロバーツふんするエリンが、そんな威張っている女性弁護士に、喉が渇いたでしょうから特別なお水をとミネラル水かのように出し、相手が飲んでいるところで、「おたくのクライアントが有害化学物質を垂れ流した先の水道から採取した特別な水よ」と言うので弁護士はギョッとした顔をする場面が痛快でした。
Commented by masagata2004 at 2012-09-06 20:00
アメリカではハーバード出の弁護士が、企業より低報酬で環境保護団体と戦うなんて聞きます。ただ安いといっても手弁当では決してないのですが、ただ、必要な代金を貰えれば、自分としては社会正義のために戦っているのだという充実感が得られると。
Commented by ruhiginoue at 2012-09-06 22:55
 日本でも、市民の側に立ち大資本や公権力と闘っている弁護士に東大卒がいますね。

 公文書に無いからといって否定するやり方は、石油危機時代の物資不足で企業が隠して値を吊り上げたとか、公害で汚染物質を垂れ流したとかの問題のさいに、すでに『諸君!』など権力媚び売りメディアによって使われた懐かしい方法です。
 日本が、従軍慰安婦は公文書に無いからという論法によっていったんは認めた非を否定したら、いちばん喜ぶのは北朝鮮です。
 公文書に無いから拉致なんて無かったと言えるわけですから。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2012-08-31 19:44 | 司法 | Comments(4)