井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

ノーベル文学賞を逃した村上と受けた大江

 今回のノーベル文学賞は、日本の村上春樹と中国の莫言のどちらかが受賞するだろうと予想され、結果は莫言だった。この人の小説は読んでなくても映画化なら観たという人は日本に多いのではないか。映画化はたいへん好評だったから。
 ところで、受賞を逃した村上春樹だが、受賞している大江健三郎よりも日本では人気があるのではないか。
 いっぽう大江健三郎は、日本よりも、翻訳されて北欧諸国やロシアと旧ソ連の国々で出版された方が売れて来た。発行部数は桁違いだ。だから北欧でやっているノーベル賞に選ばれたのも、当然といえば当然だろう。
 さて、受賞した莫言は、社会的発言が進歩的のようでいて、しょせんは体制側であると批判する中国人がいるそうだが、これは大江健三郎も同様だ。そのなかでもっとも有名なのは、朝日新聞の記者だった本多勝一による批判だろう。
 しかし、その前から批判はあった。大江健三郎の『飼育』を映画化した大島渚と同様に、日本の「進歩的文化人」は見せかけだけと批判されている。この二人については音楽家の高橋悠治も指摘していた。
 ただし、高橋悠治の批判は、大江や大島が、売り出すときに進歩的な発言で目立ち、後に保守化した時勢に迎合して転向したとの趣旨だった。
 それとは違い、本多勝一の大江健三郎批判は、大江が姑息な処世術で八方美人をしているという趣旨だった。それも、もとは批判ではなかった。
 しがらみがあって言いたいことも言えない言論出版の問題として、本多が大江に意見を伺いたいと頼んだところ、大江から漠然とした返答があり、芥川賞の選考委員を辞任したのは、賞に関わっている文芸春秋社に右翼過ぎる者がいて、その人が社内で昇進して不愉快だったからだと言う。
 なのに、それを公言しようとしないのだから、やはり大江は商売への差し障りを気にしているのだろうと本多は指摘したのだった。
 そのあと、大江が朝日新聞に短期連載した随筆の中でこの件に触れ、本多に「転向」したと批判されたと書いた。転向したなら八方美人ではない。曲解に基づいた記述であるから訂正しろと本多は求めたけれと、大江はあやふやな態度に終始して、それでいて、本多に批判されてしまったということだけは、愚痴めいた調子で書いた。それからというもの、本多は怒ってしまい大江に対する批判がきつくなった。
 おそらく、大江は高橋から受けたのと同じ批判をされたと思い込んだのではないか。昔からさんざん批判されてきたので、また同じだと早とちりしたのではないか。
 とにかく、今回受賞した中国の莫言については、もう少し中国の事情を調べてからでないと、何とも言えないだろう。
 

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by ケーキイーター at 2012-10-24 18:48 x
ノーベル賞は文学賞のことでもよく解らないのですが、平和賞の方はもっと解らないな。
Commented by ruhiginoue at 2012-10-25 21:58
 その疑問を感じる人は世界中にいるけど、特に日本だと川端康成の文学賞と佐藤栄作の平和賞のため、多いですよね。
Commented by ケーキイーター at 2012-10-25 23:04 x
個人的に言えば、米原万里さんの本が好きだった~。
Commented by ケーキイーター at 2012-10-26 16:13 x
あ、そうか。文学賞や平和賞とかいうのは、個人的な好みというか与賞者側の好みが反映されるんだ。そこが理数系の賞との違いか。理数系の賞も実は私には解りにくいけどね。
Commented by ruhiginoue at 2012-10-27 19:41
 EUが「サハロフ人権賞」をイランの反体制派に受賞さーせたのも、この時期からすると政治的意図が絶対にあったでしょうし。
 科学の分野でも、DDTの開発者にノーベル賞が。害虫を退治すれば伝染病と飢餓から解放されると思われていたわけです。
Commented by ケーキイーター at 2012-10-27 22:34 x
話はオリンピック等の審判の方に飛ぶ。審査の仕方がよく解らないのはフィギュアスケートや体操だけかな。違うね。柔道やサッカーにも変な審判いるからな。
Commented by ruhiginoue at 2012-10-30 22:25
 大相撲のように審判ではなく出場者がやっているものもあります。八百長とは相撲から発生した言葉です。ただし相撲部屋の年寄りと八百屋の囲碁のことでしたが。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2012-10-15 18:29 | 文学 | Comments(7)