コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

「iPS細胞と森口尚史の虚偽」と読売新聞の「誤報」

 読売新聞が、「iPS細胞と森口尚史の虚偽」についての報道で、失敗したと認めている。
 『読売』は医療報道に熱心で、その点は医師会の手下に成り下がったと批判されてきた『朝日』より良心的と言われてきた。
 これを言って、『朝日』の本多ではなく本田の方の名物記者を怒らせたことがあるが、『毎日』の記者も医療については『朝日』より『読売』が良心的だと評していた。
 そんな『読売』だが、前にも2000年5月20日夕刊で「防衛医大講師が研究」した画期的な治療は「劇的効果」という社会面の大きな記事で、釣られた多くの患者に散財させた。研究した大学の病院ではやってない治療を、その伊藤講師が個人開業した診療所で、無保険自費の高額で行い、その待合室には『読売』の当記事が掲げられていた。

f0133526_2275824.jpg


 国立の大学で研究したことなのに、どうしてこんなにお金がかかるのかという患者がいたが、それも当然だ。そして、読売新聞で大きく取り上げられたら信用したのに、とも言われていた。
 あのあと『読売』の「医療情報部」の記者は、防衛医大ではなく講師が個人開業し、あくまで研究なのにそれをネタに商売したうえ、集客に『読売』の記事を利用している事実を知ると驚いていた。
 その意味では、『読売』も気の毒ではあるが、悩む患者に過大な期待を抱かせないよう、センセーショナルな報道にならないよう注意するべきだ。
 それに、伊藤講師は自ら行った人体実験のような手術で医療裁判の最中だったが、後に伊藤講師の言い分は破綻して完全な敗訴のうえ学会でも除名せよという意見が出たほどだったけれど、当時は「新聞に大きく取り上げられるような研究をする医師が間違いをするはずが無い」と、伊藤医師の訴訟代理人弁護士が、記事を利用して言っていたのだ。
 そもそも「大学で研究し付属病院で実施した」と自画自賛している医師の言うことは、東大(ハーバード?)の森口センセイだろうと防衛医大の伊藤センセイだろうと、眉に唾して聴かないといけない。
 また、読売新聞の誤報は、セカンドオピニオンを求めなかったことが原因だ。取材も医師の診察と同じで、専門家と称する人がそれらしいことを語っても、他の専門家と称する人たちに同じ質問をして一致する部分が有るか、有ったならどの程度か、別の見解は無いか、という確認が必要だ、それを怠ったわけだ。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2012-10-16 19:47 | 社会 | Comments(0)