コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

みっともない憲法が安倍晋三をのさばらせている

 安倍晋三は、テレビで日本国憲法について「みっともない憲法、はっきり言って」と発言した。
 はっきり言うことができるのはこの憲法のおかげのはずだが、そういうことには関心がないのか、それとも自分についてはっきり言われるのが嫌だということなのか、どちらの心情も、彼の言動には常に透けて見える。
 また前文の意味を読み違えて非難するなど、彼の言うことは相変わらず程度が低いし、日本人が作ったものではないと言っているけど、それも単純な難癖の域を出ない。
 しかし、その難癖もある意味では正しい。その証明はなにより安倍晋三という存在だ。
 たしかに、憲法の条文に反映した権利という意味では、日本人が自ら闘って勝ち取ったものではなく、そのため日本の市民の権利闘争は、主に「護憲」という消極的なものとなってしまった。
 だから、安倍晋三のように努力もしない者が、のさばっていられるのだ。彼は、まるで特権階級のような出自で、勉強も就活も婚活もせずに済んで、社会人としての躾けすらもなっていない振る舞いが目立つ。
 それでも総理大臣になってしまった。そして難病を抱えていたため職責を果たせなかった。もちろん健康不安を抱えながら、病魔と闘い職責を果たしている政治家はいろいろいる。例えば、小沢一郎は心臓が悪いし、鈴木宗男は癌だった。外国でもベネズエラのチャベス大統領がそうだ。
 しかし、安倍晋三は難病について、職責を果たせない不安を抱えていることを隠して総理大臣になり、中途で投げ出す結果となった無責任の言い訳にした。つまり持病自体が問題ではなく、色々と大言壮語するけど、それを言ったからには付きまとう自分の使命を解っていない、ということが問題なのだ。
 そんな人が、また不正によって返り咲きをしようとしている。ロシアのプーチン大統領は、返り咲きのさい不正を囁かれたが、国際的な選挙監視を受け入れての当選だし、他に誰がいるかと堂々としている。それが自民党と安倍晋三には無い。
 これを心配している人も多い。安倍としては北朝鮮の人工衛星のように今度こそ軌道に乗ってみせると思っているのだろう。でも、安倍なんて、できるものならやってみろ、というあざけりの心情になっている人も、少なくないのではないか。
 
人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by 白田川 一 at 2012-12-15 17:41 x
  「鈴木安蔵氏がまとめた草案で出来た現行憲法のために、安倍晋三氏のようなタイプの人間をのさばらせている・・・」とでも言うつもりなのですか?ま、日本人は何でもかんでもエリート任せにするきらいがありますからなぁ・・・。護憲勢力と言うのも、どちらかというと御上意識が強く、教条主義なところもあったりするわで、何とも始末が悪い・・・(現行憲法のどこに問題点があるか・・・というのを考えようともしない)。
Commented by ケーキイーター at 2012-12-15 19:49 x
安倍さん主演で『ワースト・キッド』。何が言いたいのかというと、拳法…つまり彼の前でヌンチャクを振り回す…だけでビビって、「僕、総裁辞めます」。そんな映画は嫌~よ。
Commented by ruhiginoue at 2012-12-16 14:42
 『ベストキッド』の原題は『カラテキッド』だけど安倍ちゃんだと『空手形切った』のが現実だし、憲法ではなく拳法だと『北斗の拳』で悪役の断末魔「あべし」が「安倍氏」か「安倍死」となるでしょう。
 しかし出来損ないの大人が総理になれてしまう社会は。国民が自ら権利を闘い勝ち取ることをしてこなかったからです。
Commented by ケーキイーター at 2012-12-16 21:19 x
かなりの道草蛇足ですが。ヌンチャクって中国には無いらしいですね。
Commented by ケーキイーター at 2012-12-18 16:55 x
今何気無く考え事したんですが。アメリカの大統領って、最近(変な言い方)は「格好悪く辞めた」はおろか、「病気で辞めた。途中で死んだ」はあまり無い。本気で自分の体調管理をやっているな。たまにはマジな話を。
Commented by ruhiginoue at 2012-12-18 19:36
 最高権力者だけど体制に反抗したため暗殺された大統領は複数いました。
 シュワちゃんの指導が良くなかったのか、ジョギングとテニスで倒れた人は、戦争で勝ったのに落選しましたね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2012-12-15 12:40 | 司法 | Comments(6)