井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

不正選挙を否定しようと試みて恥をかいた例

 選挙後に、あちこちで不正について疑惑が噴出しているが、そのうち小細工に属するものは前から言われて来たもので、今回の特徴ということではない。
 今回は、原発事故という前代未聞の事態のなかで行われた、それを大きな争点とする国政選挙だった。そうなると、集計操作など大規模な不正のおそれがあるので、外国から監視を入れるべきだ。なのに危機感が足りないと、この場で訴えてきた。
 そして、選挙前にマスコミが異常な誘導をしたり、投票所の表示から外された党があったりで、疑惑が増した。そして投票の後には、結果の矛盾や不可解さから、付随して小細工も騒がれたという次第だ。
 
 ところが、これに対してお粗末な否定を試みた人がいると知った。そのサイトを参照したところ実に馬鹿げたもので、そんなものは無視しても良いのだが、しかし駄目な論法の見本として説明しよう。

 投票日に、投票が時間前に閉め切られたことを問題にしている人の話を紹介したところ、それについてこんな反論をした人がいる。

《自民が大敗北した前回総選挙でも投票時間は繰り上げられていた。
 「総選挙の投票終了時刻、繰り上げる投票所3割に」
2009年8月25日朝日新聞のサイトhttp://www.asahi.com/senkyo2009/news/TKY200908250358.html
 したがって、今回の選挙でも繰り上げはあったが、このことで自民党が有利になったとは言えないので、問題にするのは間違いである。》

 今回の選挙は、自民・公明が圧勝したものの、それにしては得票が少なすぎて支持は回復してはおらず、 他候補との相対的な差によるものだ。
 ここでもしも、もっと多くの投票があって、自民・公明・民主以外の政党が伸びたとしたら、前回は政権交代を期待して投票した人が今回は民主に投票しなかったとしても、支持が回復していない自民・公明は、こんなに勝てなかったはずだ。
 そういう情勢においては、もともと投票時間の短縮とは組織的な集票を有利にするものだと指摘されていたのだから、今回は自民・公明が得をするだろう。
 この投票時間の短縮は「期日前投票もあるから」などと言ってこのところ多くなってきており、それで良いのだろうかと前から言われ批判されて来たことだったが、今回は特に問題にされたのだ。

 こうした話の流れだったのだが、その意味を理解できずに、あくまで諸問題の一つとして紹介したことを、投票時間の長さで自民と民主の勝敗が決まるという意味だと阿呆な誤解をしたうえで、前回と今回を単純に比較し、前に自民が民主に破れたときも投票時間が短縮されていたと言って反論したように錯覚した人がいるわけだ。
 議論するときに恥をさらしてしまう悪い手本ということで、あえて取り上げた。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by 白田川 一 at 2012-12-21 19:44 x
  日本の国政選挙に国際監視団の介入を認めるなど、国家主権を否定する売国発想に等しく、断じて許しがたい。今しがた、公安調査庁宛に通報メールを送信した。アンタも、年内に処断の対象となろう。

 いかに選挙で不正があろうとも、それを理由に外国の介入があっていいはずが無い!!!アンタのような【左翼ペテン師】などに、人権が保証される資格や長寿を全うする資格など無い!!!
Commented by ruhiginoue at 2012-12-21 20:43
 中立の監査をするのと、介入の区別ができないとは。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2012-12-20 17:23 | 政治 | Comments(2)