井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

安倍総裁の非常識を谷垣前総裁はどう思っているだろうか

 池上彰氏からの質問で、自民党の安倍晋三総裁は、憲法96条をまず改正したいと言い、発議に国会議員の3分の2以上の賛同が必要という規定を過半数にするべきだと言う。
 なぜかというと、「国民の80%90%が改憲を望んでも、国会議員のたった3分の1をちょっと超える人たちが反対すれば改正できない」だから過半数に変えて「国民に憲法を取り戻す」のだそうだ。
 ほんとうにそうだろうか。80%90%の国民が憲法改正を望んだら、それを公約にしてたくさん国会議員が当選して、反対する国会議員が3分の1 を超えることはほとんど考えられないし、逆に、投票率が低く死票も多いなかで当選した国会議員の過半数しか賛成しない改正案を国民投票にかけても、国民の過半数から賛成を得るには、よほど低い投票率でも良いとするなど強引なことをしないと無理だろう。
 また、3分の2というのは、国会を制するには過半数が必要だから、国家の枠組みについては、もっと多くしなければならないからだ。
 そもそも憲法とは、国民のために、どの政権でも従うべきものである。だから、その改正を望んでいいのは国民であり、時の政権ではない。国会が発議するというのは、国民から国民に対して提案するため、国民の代表者が集まった国会が代理するという意味だ。
 それに、政権が出来るのと同じ人数で発議できてしまうと、政権が変わるたびに憲法改正を発案できてしまうから、それでは何のために憲法があるのかわからなくなる、というより、その存在意義がなくなってしまう。
 こんなことも解らない人が総理に返り咲いてはいけない。自民も考え直して欲しい。弁護士だった谷垣前総裁だったら、こんな非常識を言っただろうか。

 憲法第九十六条 この憲法の改正は、各議院の総議員の三分の二以上の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない。この承認には、特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行はれる投票において、その過半数の賛成を必要とする。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by りょうた at 2012-12-22 05:31 x
思うに、安倍はもしかして「憲法」と「法律」の区別がついていないのではないか?と、安倍の発言を聞いていると真剣にそう見えてしまいます。
法律のようにすぐに新しく作ったり、ちょっと中身を変えたりできるものだと思っているのでは・・・。
前回投げ出したときと変わらず、この人の頭は成長してませんね。
自民党内に止めるヤツはいないのでしょうか。それとも自民党員はほとんど安倍レベルなのか・・・。
Commented at 2012-12-22 08:16 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ruhiginoue at 2012-12-22 16:03
 自民党員たちは総裁は石破氏がいいと言っていたけど、上層部の人たちが安倍氏にしてしまったのでした。
 各地のポスターで、候補者は総裁の安倍氏ではなく石破氏と一緒に写真を載せている人たちをよく見かけました。
 自民党員は、このところ随分と減ったそうで、三年前に野党になるより前から辞めてしまう人がいたそうです。
 
Commented by ケーキイーター at 2012-12-23 05:27 x
また周りの大臣くるくる変わるのかな。私も石破さんの方が良さそうに見えるけど。
Commented by ruhiginoue at 2012-12-23 22:05
 石破氏は現実論者、安倍氏は観念論者、石破氏は右派の論客、安倍氏はネトウヨ、という違いがありますね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2012-12-21 20:34 | 政治 | Comments(5)