コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

不正選挙と騒ぐことが負け犬の遠吠えにならならようにするには

 「未来」は、「卒原発」を標榜して注目されたためか、マスコミから積極的否定または黙殺などの消極的否定をされたうえ、投票所に表示されないところもあったのだから、そこに何らかの圧力が作用したと勘ぐられてもしょうがないだろう。
 これは今後も追及していくべきことだが、不正をされたというのとは別の問題もある。それは、今後の活動と、不正も含めた攻撃に対抗するための力を持つために、どうするべきか、ということだ。これをきちんとできなければ、不正を追及しても負け犬の遠吠えとなってしまう。
 もともと「未来」は選挙向けに俄な野合をしたものだ。だから内部でギクシャクしたことがある。原発についての態度は上辺だけだという指摘もある。しかし、一つの党派で凝り固まっているより、かえって安心ということもある。色々な考えの人たちが集まり、話し合って結論を出すのなら、党の組織が上意下達してばかりいるより良い。
 その点で、共産党が実証をしている。今回の厳しい情勢の中で、比例では、組織力が発揮されて現状維持に近い結果となった。逆に都知事選では、応援した候補を当選させられなかったものの、今回は他党派との提携によって、単独で候補を出した前回よりかなり多い得票だった。つまり、選挙の特質や情勢によって、組織と提携とどちらを重視したら有利かを見定め、そこから方針を決めたら良い、ということだ。
 そして、場合によっては提携もあるのだから、排他的な態度は慎むべきだ。これは特に共産党に目立ったことだが、いくら比例や小選挙区で投票して欲しくても、他の党の悪口は言いたくても我慢すべきだ。完全に敵対している自民・公明はともかく、他の党とくに都知事選では提携もしている未来と社民の悪口まで言う人が相変わらず多かった。
 そのさい「未来」について、小沢一郎氏と手を組んだから駄目なので共産党に投票すべきだと言う人がよくいたけど、これは当たっていない。たしかに小沢一郎氏は、自民党の安倍総裁のような単純右翼とは違うけど、谷垣前総裁に比べると右である。原発も集団的自衛権も容認していた。
 だが、これまでいろいろあったから、そのうえで小沢氏は、今回はこの方針をとると決めたわけだし、先にまた何かあれば、それに合わせて別の方針をとるであろう、というだけのことだ。
 だから先のことは判らないし、幻想を持ってはいけないけれど、とにかく今回は、こうなったということを重く観るべきだ。
 そもそも、政治家なら話しあったり駆け引きしたうえで、合意と妥協をして政策を決めるもので、これは「ぶれる」のとは意味が違う。だから、「あの人は元はと言えば」 という批判をしてもしょうがない。
 そういうことを言ったら、共産党だって、もとは原発を推進または容認する方針だった。日本の原子力政策を厳しく批判してはいたが、原子力そのものの否定には反対で、だから共産党は機関誌で、チェルノブイリ原発事故の直後に、その被害について、広瀬隆氏が大袈裟に騒いでいるけれど、もっと被害は小さいのだと批判していた。これについては広瀬隆氏が証拠を提示して反論していた。
 だから小沢一郎は駄目だ共産党も駄目だ、ということではなく、そういうことを言い出したらきりがないので、そこを踏まえたうえでストイックな態度により接点を探らなければならない、ということだ。これは一緒に酒を飲んで親睦というのとは、全く違う。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by 白田川 一 at 2012-12-24 15:26 x
  日共というと国内で随一(ずいいち)なまでに【学歴偏重】の政党と聞きますが、日共以外で「学歴偏重の政党」というとどこが該当するのでしょうか?自民だか、公明だか・・・。
by ruhiginoue | 2012-12-22 15:40 | 政治 | Comments(1)