コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

押し付けられた生活様式の呪縛から解放を

 年末年始、大量消費を煽られる時期が到来。
 その押し付けられた生活の様式と、その発想そのものを変えてはどうだろうか?
 豊かさでも、贅沢でもない、無限連鎖成長に縛り付けられた生き方をさせられていることに、気付かないといけない。
 資源の強奪に戦争をして、それを民主化のためと強弁し、そうした社会を支えるために必要不可欠なのが大量消費であると言いくるめられている。
 その前提があるので、原発事故の現実があっても、再稼働しないと経済成長が停滞して失業者が街にあふれるぞ、という脅迫をする人たちがいる。
 こうした生活様式の呪縛から逃れて、社会と向き合う意識を変えてみてはいかがだろうか。

 友達が日本語字幕を入れてくれたので、ぜひ。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by 白田川 一 at 2012-12-27 09:05 x
  「再稼動しなければ国が沈む」などと抜かす人間など、福島の地にて公開焼殺刑に処してしまえばいい。過剰な経済発展の副作用として国内の秩序と情緒が犠牲となったりと、碌な事が無い。企業にいって働くだけが全てではない、農業という手もあるし、自営業と言う手もある。現代人はあまりにも効率ばかりを追い求めすぎている。過去の幻想からの脱却を図らねばならない時期が来ているとも言える。
Commented by ruhiginoue at 2012-12-28 21:31
 殺したらもったいないから、再稼働という人たちは福島の事故の後処理に。
by ruhiginoue | 2012-12-26 21:37 | 雑感 | Comments(2)