コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

不正選挙を裁判に訴える人たち

 不正選挙を告発して訴訟に訴える具体的に動いている人について、知人から聞いた。
 選挙が行われてから騒ぐのではなく、事前に国際監視団を要請するべきだと選挙前に主張していたので、後からだと手遅れではある。
 また、こういう訴えをしても、裁判官が判決で認めることはまずないだろう。
 しかし、事実認定の部分で、確かに訴えの通り疑わしいという記述をして、<裁判官が良心からささやかな抵抗をすることもある。
 また、こういう動きが繰り返されることによる揺さぶりの効果はある。一度や二度では駄目だが、簡単にいくと考えるのは甘い。どんなことでもそうだが、根気よくやってはじめて結果を待つ資格を持てる。
 



人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by とり at 2013-01-13 16:20 x
その人達は、昨年12月の衆院選での不正疑惑ばかりに目がいって、7月にあるとされる参院選に国際監視団を要請する事を考えているのでしょうか?
Commented by ruhiginoue at 2013-01-13 17:13
 不正を騒ぐ市民と団体はけっこう居ますが、次の選挙での不正防止は、前の選挙について騒ぐことが役立つと考えてる傾向がみられます。
 外国から監視団というのは政治家たちに騒いで欲しいのですが、地元の議員などは積極的とは言えません。
 私は、地方議会の議員でも、所属政党を通じて働きかけて欲しいとお願いした人ならいます。
 独りでは限界があるので、みんなで、議員にメールを出したりブログやツィターを通じて、陳情してほしいものです。
 
by ruhiginoue | 2013-01-13 13:18 | 政治 | Comments(2)